春の児ノ口公園(愛知県豊田市)
「市外からも、ここの桜を見にくる人がいる―」
ずいぶん前のGSのシンポジウムで、この公園の特集が組まれた。その時に豊田市の方が話された言葉をふと思い出し、見に行くことにした。

d0065332_23215229.jpg
d0065332_23301852.jpg

d0065332_23394927.jpg
桜は五分咲きくらい。来週の週末が見頃になると思う。曇りという天気もあって、桜より、黄色い菜の花がよく映えていた。桜については、多種類の樹木に囲まれ、地形に富み、芝も荒いので、公園の桜というよりは、山の桜の見ているようだった。ベンチに腰掛け、眺める春の風景が美しかった。

d0065332_7515765.jpg路肩に咲く菜の花
d0065332_0142842.jpg公園の境界
(縁は枕木、植栽はカナメモチ)
d0065332_0173338.jpg園路
(脇に素堀の排水溝)
d0065332_0135485.jpgベンチのような石
d0065332_029832.jpg心地よい音を放つ堰
(近くに小広場)
d0065332_2284554.jpgせせらぎ内の小路、
丁寧に修景された橋

d0065332_015126.jpgトイレの貼紙

この公園にやってきたのは2度目だった。1度目は7年前、学部2年の冬で、その時には何を見たらいいのか分からず、とても困った。その頃よりは多少なりとも分かるようになったのか、1つ1つのディテールの意味、理由、すごさがぽっかりと浮かんでくるようだった。また、いい意味で、あいまいで、いい加減で、さりげない、セルフビルドのカケラ達がキラキラしてた。トイレの貼紙一枚にも愛を感じて、いやはや、まぶしかった。

d0065332_1173019.jpg


早朝に公園に訪れ、スケッチと採寸と写真で昼前まで過ごし、そろそろ去ろうかというところ、研究室の後輩のFくんとばったり遭遇した。聞くと、とあるワークショップからの帰りがてら見にきたらしい。すごい確率だと笑い合った。
その確率に驚くというよりは、風景の力はすごいなーとしみじみ思った。最近、ほんとに風景の神様がいるような気がする。いや、真面目な話。
[PR]
by neko1dozen | 2010-03-29 02:05
<< 地方におけるデザインとは(仮) 一箱古本市 >>


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧