セントラム、シクロシティ富山
Book3を片手に、富山を歩いてきた。


d0065332_23103667.jpg
d0065332_23481461.jpg
d0065332_23502081.jpg

d0065332_22165275.jpg
d0065332_2352699.jpg
d0065332_23534022.jpg


開業したばかりのセントラムとシクロシティ富山に乗ってみた。

セントラムは、富山駅の南側の市街地をぐるぐる回る環状線。車両は色以外ポートラムと同じ仕様、郊外に続く市内電車に接続している(将来的には北側のポートラムとも接続予定)。乗り継ぎの場合、運賃はタダらしいけれど、一般の運賃は200円。手軽い乗り物の割りに、ちょっと高い気がした。
ともかく、セントラムができたことで街の雰囲気がずいぶんと変わった。全周3.5kmの線路で囲まれた街のスケール感が新しくて、さながらミニミニサイズの山手線みたいだった。中央線のように街を横断する松川の、土手の桜が美しかった。

一方、シクロシティ。ドラえもん的フォルムの自転車は、やや重たかったけれど、こぎやすく、市内を回るには十分な感じだった。カギ、ライト、ギア付と高機能っぷりも、さすがドラえもんといったところ。一方、不満は3つ。
・ネットから申し込みが必要なこと(パリでは、各ステーションでクレジットカード払可)。
・利用が1週間単位~。
・30分以降は料金が発生(20分を過ぎると、ソワソワしてしまう)。

どうも気軽にふらっと乗れるシステムではないらしい。
正直なところ、LRTの利便性もよいので、どういう人が、どういうシーンで、この自転車を利用するのかいまいち分からなかった。なお、シクロシティの設置台数は現在150台(パリ=2万台)で、ステーションは富山駅周辺のみ。システムとしては発展途上、これからってことなんだと思う。
[PR]
by neko1dozen | 2010-04-19 23:44
<< 立山黒部アルペンルート(雪の大... 公園緑地 >>


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧