風色春旅2006 vol.1
d0065332_14483898.jpg2006.3.25-31
近畿地方(三重・和歌山・大阪・京都)

やっと空いた、日常の中の僅かなvoid。その小さな旅で、見てきた風景を紹介。



○伊勢神宮(内宮)

「真夜中の野次さん、喜多さん」に感化されて、来てしまった。

d0065332_14492971.jpg伊勢神宮は内宮と外宮に別れてて、それぞれ別の神様が祭られている。時間と財布の関係上、今回は内宮だけ(内宮入り口の宇治橋)
d0065332_14495065.jpg

にしても広い。
d0065332_1450956.jpg

川が御手洗場になっている。さすがはお伊勢さん、スケールが違う。
この水辺までのアプローチもドラマチック。

d0065332_1512835.jpg皇大神宮
この社、一枚目の橋など、すべての建築が20年に一度立て替えられるという。ちなみに次は平成25年、62回目の遷宮を迎える。
d0065332_15192827.jpg次の遷宮予定地。ただただスゴいことだけど、何より始めの言い出しっぺがすごいと思う。歴史的サジェストだ。
d0065332_14502467.jpgお参り後、もとの宇治橋に戻る。
国旗が御敷地の川・森の先にたなびく。日の丸のアイストップ。さらに、その先には遠い紀州の山々の借景。

グラウンドスケープ、この言葉がふと浮かんできた。


d0065332_1450381.jpg神宮まで延びる横丁も気持ちいい。


○鳥羽港

そのまま鳥羽へ。

d0065332_15355918.jpg

鳥羽港
(かもめの散歩道)

設計/workvisions

d0065332_15421553.jpg海に向けられたベンチたち。

腰かけ、足を伸ばして、木のデッキをこつこつたたく。目の前には、堤防でもう一つの水平線が描かれている。

気持ちいい。

d0065332_15423380.jpgおじいちゃんおばあちゃん達が揃って、この段差につまづいていく。

不謹慎だけど、見ていておもしろい。


d0065332_15414859.jpg
細っ。

この僅かな隙間に、照明が埋め込まれている。芸も細かい。



○フェリー


d0065332_15551631.jpg1日5便の市営船に乗る。離島へ。

d0065332_15591229.jpg船のディーゼルエンジンが心地よいビートを刻む。
d0065332_1555349.jpg船の窓越しに、すすけて見える灯台
(途中、菅島港にて)
d0065332_15562872.jpgやってきた、2年ぶりの神島。



三重県神島。伊良子水道のちょうど真ん中くらいにあって、人口500人あまり、1時間ほどで一周できてしまう大きさの離島。三島由紀夫の『潮騒』の舞台にもなったこの小さな島に、初めて来たのは2年前。すぐさま僕も一目ぼれしてしまった。
2回目の上陸となる今回、どんな出会いがあったのか。続きは、また。

(どうしよう、旅1日目なのに、ずいぶん膨らんでしまった。先が思いやられる)
[PR]
by neko1dozen | 2006-04-01 16:13 | 旅・建築迷子。
<< 風色春旅2006 vol.2 花の都 >>


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧