Unknown-scapes (フランス、ソルフェリーノ橋 編)
この橋を訪れたのは夕暮れ前で、それはこの橋が最も魅力的に見え、最も人を集める時間だったのだと思う。歩道橋の上のちょうど真ん中ではさやかな即席のワインパーティーが開かれてた。「橋で一杯ひっかけてこうぜ」、こんなフランス語はあるかは知らないけれど。

d0065332_3365067.jpg



d0065332_3432175.jpg
d0065332_3451823.jpg


ご機嫌に杯を酌み交わすグループの傍らで高欄に背をもたれた青年が1人本を読んでいた。同じ場所で流れるそれぞれの時間、どちらかというと小生は後者の青年に共感が沸いてしまう。
ともかく橋の上のみんながみんな幸福そうに見えた。1人の小生ですら、とても幸せだった。今でも覚えているのだけれど、この時、遠くからお馴染みの教授の声が聞こえた気がした。「あなた、この風景が日本で想像できる?」って。
d0065332_337614.jpg
d0065332_3434241.jpg


夕暮れ間近になると、俄かに人が集まってきて、西向きのベンチに空きが少なくなってきた。さながら橋上ベンチ取り合い合戦の様相を呈する(西欧の人々は、居心地対して敏感というよりも貪欲といった表現が合うと思う)
あるおじさんがようやく空きを見つけて座る時、とっても気持ちよさそうな顔をした。それはまるで僕ら日本人が温泉につかる時の、あの表情!に似てて思わず笑ってしまった。今振り返れば、日本にも温泉という豊かな公共空間がある、異国の橋の上での思わぬ再発見だったのかもしれない。

d0065332_491894.jpg

d0065332_493380.jpg



いやはや、とてもいい感じだった。


more ...
Unknown-scapes (パリ・ソルフェリーノ橋 編)
[PR]
by neko1dozen | 2007-06-15 04:07 | 旅・建築迷子。
<< 2007.6.15 音楽と建築の話。 >>


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧