馬籠・妻籠(再訪)
馬籠・妻籠を1年ぶりに訪れた。

d0065332_0594712.jpg

d0065332_0561553.jpgd0065332_0555655.jpg
d0065332_0563191.jpgd0065332_056453.jpg


中山道、馬籠~妻籠間を歩くことが今回の目的。行程7.7km(約2時間)、落葉が積もる石畳を歩いた。街で溢れてた人も、ここではまばらで気持ちいいし、茶屋や小さな宿場、滝があって飽きない道のりだった。
その間見かけたのは、外国人の方が多かった。自転車で峠越を目指したり、写真を撮ったり、思い思いのやり方で楽しんでるようだった。やっぱり外国の人達(欧米人)って旅上手だと思う。「俺はこうして旅を楽しむんだよ。」「いや、旅はこれが一番よ!」だなんて、旅人としての気概みたいなものが伝わってきた。
d0065332_113046.jpg道中、農家の方になんとスイカ!を頂いた。マフラー姿でがぶり! 夏に採って納屋で保存していたものらしいけど、瑞々しくておいしかった。



d0065332_193060.jpg

夜は、大妻籠に泊まった。大妻籠は、妻籠からやや馬籠寄りの静かな宿屋街で、妻籠よりも自然的な風情を楽しめる。お世話になった宿は、囲炉裏があって、風呂は檜で、ご飯がおいしくて、人がよくて、外にはかわいい猫がいて、つまり最高の宿だった。
d0065332_22364585.jpgd0065332_2236576.jpg
d0065332_1322811.jpgd0065332_1315131.jpg
d0065332_123422.jpgd0065332_131285.jpg

宿の夜、ご主人がつきたてのお餅をご馳走してくださった。囲炉裏を囲むのは、ご主人と、カップルが1組、都市計画を勉強してるというフランス人の学生、子供連れの家族、それに小生達。不思議な取り合わせだったけど、楽しかった。
海外のユースホステルみたい、とふと思った。旅人が集まって、輪をつくって、飲み交わしながら語る。そんな旅のスタイルが、まさかちっぽけな旅館にもあるとは思いもしなかった。また一つ、旅の醍醐味を発見。また来たい。
[PR]
by neko1dozen | 2008-11-25 00:33
<< ワークショップの醍醐味。 郡上八幡で聞いたこと。 >>


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧