餘部橋梁(再訪)
冬の餘部橋梁を見てきた。

d0065332_1524113.jpg
d0065332_2139584.jpg
d0065332_21365856.jpg

d0065332_15272856.jpgd0065332_222377.jpg
d0065332_15271077.jpgd0065332_21332582.jpg


2007年夏の記録

前回訪れた時から、架け替えのための工事は進んでいた。立ち上がったコンクリートの新橋脚は、思っていた以上に小ぶりに見えた。この大きさのコンクリート橋脚に見慣れてしまったからだろうか。新橋脚は小さく見える割に、かつての親密さを失って冷たく見えた。それは単なる思い込みじゃないと思う。
橋の周りもだいぶ変わった。橋を望む展望台は切り崩されていた。トラスの周囲もふさがれて、橋脚の袂に佇むこともできなくなっていた。ちなみに、2010年度に新橋梁への切り替え終了が見込まれている。新橋梁はエクストラドーズドPCラーメン橋。小生はどうもこの橋梁形式が好きになれないので、余計に残念だ。

d0065332_2138186.jpgd0065332_2157813.jpg
d0065332_2233592.jpgd0065332_15405829.jpg



気分を切り替えて、宿の夕食。その夜は、鉄橋の直下の民宿に泊まって、名物・松葉カニを頂いた。覚悟を決めて、過去最高にリッチな一晩に挑んだ。
d0065332_2285066.jpg
d0065332_22113946.jpg金色に輝く松葉ガニ。食べ物とは思えないほど、ディテールがすばらし過ぎる。貧乏性の小生、お腹がいたくなりそうだった。
d0065332_22185089.jpg部屋から餘部鉄橋を望む。列車が通るたびに、室内にいても、ガタゴトと轟音がこだました。9時半過ぎに最終列車が通過した後は、朝8時前まで10時間列車はやってこない。銀河鉄道のように最終列車が駆け抜けていった後は、日本海の荒波の音だけが残った。



さて、手痛い出費を覚悟の上で餘部の街に泊まったのはカニ…だけじゃなく、たった1晩だけでも、餘部の風景に寄り添いながら、住む人と話してみたいという衝動からだった。

夜に宿の人が、橋のことを語ってくれた。
「前は架け替えてほしくなかったけれど、街の人たちはみんなもう諦めてしまいましたよ。今は早く工事が終わってほしい。」
サバサバした語り口だった。

この橋を失うことは残念ですまされる話じゃない。餘部鉄橋には目に見える「頼もしさ」があって、目には見えない「親密さ」があることを感じた。我々が胸を張って、この時代の遺産として残せる数少ない遺産であって、どんな理由があったにせよ、守られるべきだった。
はたして、今の世界にこれだけのものを残す器量があるんだろうか。土木の人間が啓蒙者としての役割を果たしきれなかったこと、私達の世代がこの橋の議論に間に合わなかったがひどく悔しい。せめて架け替えが終わるまで、何度か訪れながらこの風景を胸に刻みこみたい。


d0065332_22202924.jpg

[PR]
by neko1dozen | 2009-01-01 22:48
<< ゆく旅、くる旅09 /布引五本... 倉吉の街並み (鳥取県倉吉市) >>


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧