09/01 (牛深ハイヤ大橋)
「海上に浮遊した一本の線」
これがこの橋の設計コンセプトである。

d0065332_22172069.jpg牛深ハイヤ大橋
設計:RPBW
+ARUP+マエダ
所在地:熊本県牛深市

d0065332_2217645.jpg
d0065332_22193241.jpg
d0065332_2148561.jpg
d0065332_2150824.jpg

d0065332_21481464.jpg
d0065332_22111657.jpg
d0065332_21483246.jpg


熊本市街から牛深までは車で4時間。小生が着く頃には辺りはすっかり暗くなっていて、街の灯よりも早く、空に浮かぶ光の帯が見えた。長いドライブでくたくただったけれど、我慢なんかできない。ノンブレーキで橋に突入、そのまま駆け抜けた。

また夕食の後、カップ焼酎を片手に、今度はゆっくりと橋を歩いてみた。

d0065332_22121627.jpg時間帯で変わる
ライトアップ
d0065332_2262854.jpg橋と満月
d0065332_2264775.jpg橋と牛深海彩館(設計:内藤廣)


軽かった。ふわりと浮かび上がろうとする桁を、橋脚がかろうじてつなぎとめてるようだった。この軽さに貢献しているのは、まぎれもなく桁のディテール。独特の下部フランジの曲面と風防板、綿密に計算された塗装(とライトアップ)がこの軽さを生んでいる。ライトアップの電球が球切れで、所々歯が欠けているように見えるのはまぁご愛嬌。

さて、それら桁部のディーテ-ルの陰で、橋脚が果たしている役割も見逃せないと思う。巨大なコンクリートの橋脚は視覚的な重りとして、「浮遊した一本の線というコンセプト」と「インフラが本来持つべき安定感」という相反する2つの理念を絶妙に成立させているように見える。
ところで、写真で初めてこの橋を見た時、「軽く繊細な橋なのに、なぜ橋脚だけ無骨でデカいんだろう」と疑問に思ったのを今でも覚えている。ここだけデザインから逃げたのか?と疑ってもいた。実物に見て、橋脚が果たしている役割をを知った一方、もっといい造形があったんじゃないかという疑問はさらに深まった。そして折に触れては頭の中で考えてる。ぐるぐる考えてる。納得できる形はいまだ思い浮かんでこないけれど。
[PR]
by neko1dozen | 2009-01-14 23:53
<< 国産初の鉄橋、八幡橋(旧弾正橋) ゆく旅、くる旅09 /布引五本... >>


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧