桑名、住吉の入江
我が街、香呑町を出て、岐阜県の海津から木曽川を下り、三重県の桑名まで、自転車で走った。久しぶりの2連休ということで、やや張り切りすぎたと思う。道のりは面白かったけれど、さすがに足にきた。揖斐川を渡ってたら、ランダム再生のウォークマンから、サイモン&ガーファンクルの「コンドルは飛んでいく」が流れてきた。木曽三川の広大な夕暮れを目の前にして、この時ばかりは目頭が熱くなった。


d0065332_22552695.jpgともかく、ママチャリを漕ぎ続けて7時間。ようやく目的地の桑名に辿り着いた。

住吉の入江(再訪)
d0065332_22554977.jpg

以前、松山のロープーウェイ街を歩いたことがあって、夕暮れ時だった。たまたまランプの点灯時間で、数分かけて、ゆ~っくりとオレンジの光が灯った。その姿にものすごく感動を覚えた。種火から、ゆっくりと火を起こしていくような感覚で、ランプの灯を見守った。ふと昔、祖父の家で、薪で風呂を沸かした記憶が蘇ってきた。どちらも夕暮れの時間の人の営みとして、連想したんだと思う。

d0065332_22561266.jpgそんな感動をもう1回味わいたくて、桑名にやってきたわけだ。レンガ壁に腰掛けて、じっと張り込んだ。張り込みのお供は、桑名銘菓?「かぶら煎餅」

そして、ゆ~っくりと光が灯った。


d0065332_2325263.jpg
d0065332_232685.jpg
d0065332_2339517.jpg
d0065332_23281328.jpg
d0065332_23284120.jpg
d0065332_23424789.jpg
d0065332_23324692.jpg


美しい時間だった。空が暗くなるにつれて、それまで深く暗かった水面が輝き出した。ランプそのものもさることながら、水面は最高の照明器具だ。時折魚が飛び跳ねて、光が揺らぐ感じがたまらない。寒さとか、疲れとか、ぶっとんでった。
改めて、夕暮れが好きだ。人の営みだとか情緒だとかが街に滲みだすような、それでいて大人の時間の始まりをやんわり感じさせるような、その時間と空間がいい。 
[PR]
by neko1dozen | 2009-02-22 22:56
<< 常滑の街/酒蔵見学 背割堤/ケレップ水制群/輪中の街 >>


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧