富山ライトレール
ご乗車してきた。
d0065332_2347584.jpg

d0065332_2348372.jpg
d0065332_23584180.jpg
d0065332_2357281.jpg


 すぃーと加速して、すぃーと止まる。すべるような不思議な接地感で、電車というよりも自転車に乗ってるみたいだった。後で調べてみたら、レールと基盤の間にゴム系の樹脂を注入しているらしい(車道併用区間)。なるほど、自転車を感じたのは錯覚じゃなかったわけだ。

車両、駅、運転手のユニホーム、キャラクターグッズ、メッセージ入りのベンチ、橋……あらゆるものにデザインが施されていた。ただ、洗練された印象は受けなかった。駅舎も車両もノーマル。意外だった。
すごいなと思ったのは、デザインの質というよりも徹底された気配りだった。使いやすい。さらに、「使いやすい」だけではなく、気持ちよくて、楽しかった。ここまで踏み込めるデザインの力に驚いた。

d0065332_23491914.jpg
d0065332_23493470.jpg
d0065332_054472.jpg
d0065332_0552148.jpg


始発の富山駅北から、終着の岩瀬浜までを往復した。片道25分。小生の隣の席に子どもが2人座っていて、その向かいにお父さんが座っていた。身軽な様子からして、地元の親子だと思う。特に何を話すわけでもなく、3人ともぼんやりと窓の外を眺めていた。そして驚いたことに、親子は終着駅でそのまま同じ電車に乗って戻っていった。あぁそうか、乗っている時間が目的なんだろうね。


ひさびさの雨の旅だったけど、これはこれでよかった。
[PR]
by neko1dozen | 2009-04-05 00:57
<< 富山(富山市、高岡市) しらす水揚げ量全国一、篠島 >>


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧