高開集落(徳島県吉野川市)
d0065332_9533956.jpgすごっ晴れの金曜日、
孤高の集落を訪れた。


d0065332_9491765.jpg
d0065332_9502853.jpg
d0065332_9504168.jpg
d0065332_953483.jpg
d0065332_95655100.jpg
d0065332_9524949.jpg


「ひょえ~」と、思わず声が出てしまうくらいの急斜面に集落はあった。石積が幾重にも続き、古く立派なお宅と小さな畑を守っていた。集落内に3軒のお宅があって、それぞれに屋号がつけられている。もっとも高い場所にあるお宅は「空(そら)」というらしい。

ここの石積には寿命があると聞いた。うまく積めば200年300年、普通なら100年、素人が積めばものの数十年で崩れてしまうらしい。もっとも、人生80年、コンクリート100年って比べてれば、そのスケールったら半端ない。

ともかく、その寿命ある石積には絶えず世話が必要なわけで、その世話をこの集落に住む、たった1人の方がされていた。石積のほか、畑や山林の世話など、集落のあらゆることを担がれている、いわゆる何でも屋の方だった。その方に話を聞かせてもらったんだけれど、これがまた目から鱗。1言1言が、まるで忘れてた思い出のように、心を打つ強さをもっていた。

「石積もやり方も、道具の使い方も、誰が教えてくれたというわけではない。見よう見まねで覚えいった。」
「大切な道具は自分の頭で考えて、自分の手でつくる。店で売ってるものだからって信用したらダメだ。」
「その日が晴れたら畑や石積の手入れ、雨が降ったら道具の手入れ。訪れる人がいれば、仕事をとめて集落を案内する。」
「訪れる人は、1人の方でも案内する。そうして人が喜んでくれることが、いきがい。」



いやはや、すごい。理論や設計図に基づくエンジニアリング側の人間からみると、こういう人や仕事って、異世界のモノに思える。人1人の手でできることってこんなにあるんだと、憧れの眼差しでみてしまう。
けれど、この日、人を感動させうる仕事の根底にあるのは、思いやりと経験とエネルギーなんだと思った。めちゃめちゃシンプルな結論だけど、思いがけない励ましをもらった気がした。よし、小生は小生のやり方で日々がんばっていこう。
[PR]
by neko1dozen | 2009-06-20 11:12
<< 風景の神様(吉野川第十堰) 北の友人のメッセージ (JR岩... >>


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧