<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
living bridge 没!
連日の深夜研究室居残り。。この努力むなしく、没となりました。d0065332_1473016.jpg
指摘されてのは、
・道路部下のデッドスペース(死んでいる空間、つまり人の入れない無駄な空間)が多すぎること。こういった場所ではホームレスが住んでしまう(ある意味でliving bridge)
・アーチのスパン(長さ)が短すぎて、構造として適さない。
・吊り構造とか、橋の写真右側部分の構造に無理がある。


ってか、今回は基本的にダメダメでした。特に構造については・・ まいったな。。ってことで、
d0065332_1571985.jpg
梅雨空を眺める愛猫(ただ今実家にて療養中…)
がんばろ、living bridge2。
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-28 01:58 | 模型・デザイン迷子。
living bridge
コンセプト模型がようやくできあがり。テンションが無駄に高い、研究室泊り込みの朝です。
d0065332_22381099.jpg今回は、グループ課題。地形や建物はみんなでつくりました。

d0065332_22215559.jpg
写真右手の神楽坂は、かなり急な坂。橋は、その坂の勾配を受けて、ゆるやかな曲線を描きます。上部を車道、下部を歩行者。車道の下が、橋上広場になって、人が時間を過ごす事ができる、つまりLiving Bridgeというわけです。また、橋からさらに階段が下に伸びて歩行者は堀の水面に近づくことができます。

d0065332_22225088.jpg
構造は、車道をアーチ+桁構造で支え、歩道を吊り構造で支えます。難しい構造だけど、まとまりのある形におさめました。
さて、提案は3時間後。はたして、評価は?研究室のアルコールくささは抜けるのか??
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-23 22:38 | 模型・デザイン迷子。
梅雨
d0065332_437823.jpg
5月って、何か始めようと思う月で、毎年テンションが高くなります。そのしわよせが6月で、今年もまた、がっつりテンションが落ちてます。5月のハイテンションはどこへやら、力いっぱいひかれたサイドブレーキに、なすすべもありません。そのせいか、6月って人間関係が雑になりがちで。。今年は気をつけないと。


今度の課題はチーム戦ってことで、研究室にこもりっぱなしで。昨日も泊まり。無駄に綺麗な夜景に、なぜか持ち込まれるチューハイ。。 ってことで、若干、ブログも停滞気味…
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-23 04:45 | 迷子猫
Living bridge
はい、次は橋。ようやく、ベンチとの戦いが終わったと思ったら…
Living bridge。直訳して「住める橋」、人が住む(とどまる)ための橋です。 
d0065332_12572072.jpg
日本にはないけれど、ヨーロッパにはいくつかあって、こちらはイタリア、ヴェネチアのリアルト橋。

d0065332_12574493.jpg
こっちは、フィレンツェの橋。ただ、住めるってだけではなく、その上には店が展開して、行きかう人々でにぎわう。今は、観光客を相手にする宝飾店が軒を連ねている

洪水の多い日本では、こんな橋はありえないけど、橋詰(橋の両端の部分)では、昔から広場が展開して、人がにぎわう空間でした。やっぱり、世界のどこでも橋って魅力ある空間として親しまれてきたみたいです。
今回のLiving bridgeの設計課題。場所の選定から、作る橋のかたち、コンセプト、まで自由!うれしい悲鳴なのか… また、眠れない日々が続きそうです。。
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-20 13:08 | 模型・デザイン迷子。
ベンチをめぐる冒険(下の下)
d0065332_2252352.jpg結果からいえば、コンセプト、デザイン、プレゼンテーション、それぞれ70点、90点、80点ってことでした。

d0065332_2255141.jpgん~、どうなんだろ。よく言われ続けたのが、「形から入っている」っていうこと。まず、どんな空間にしたいのか(例えば、みんなが集まるための空間だとか、休むための空間だとか) というよりも先に、どんな形にしたいのか(全体のデザインはこうで、ここには噴水をつくるだとか)を考えがちな癖がある。そういわれました。確かに、その通りで。。

それは、きっと僕が建築への憧れが強いからかもと思いました。デザインの自由度の高くて、コンセプトはもともと与えられている建築は、純粋にデザインに近いところにあるから。一方で、ランドスケープは、コンセプトにこそ、空間を決める重要な意味がある。ムズカシイ…でも、まぁデザインが90点ってのは次の自信につながるのかな。
次の?、そう、また新しい課題が待っているのです。。
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-18 22:02 | 模型・デザイン迷子。
そうかな 相対性の彼方
いや、きました。。6月15日、ついに小田和正NEW ALBUM発売!!ファンなら無論前日GET。これから聴こうって、、もう我慢汁でまくりです…
というのも、5年ぶりのオリジナルアルバム。「LOOKING BUCK2」「自己ベスト」2枚のベストアルバムをはさんで、ようやくリリースとなりました(祝) もう、でないと思ってた…
d0065332_20423425.jpg
前作の個人主義に比べると、ずいぶんPOPなジャケットが意外です。曲リストさて、今年で58歳。「自己ベスト」でつくりあげた最年長オリコン1位更新なるか?

d0065332_20573282.jpg
前作「woh woh」 「19の頃」「風のように」といった名曲とともに、「the flag」なんて熱い曲も。大人のメロディーと詩、そしてなにより『声』。新月の夜、水面にただ一滴の雫を落としたような、そんな凛とした声(変な例えだけど…) 高校時代、勢いだけで聴いてた音楽の中で、このアルバムだけは特別な存在だったけ。

小田和正のCDリリースの時って、大々的に宣伝するんだよね。野外広告からCMまで。街が好きなアーチスト一色になるのっていいもんです。ともかく、NEW ALBUM明日発売。
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-14 21:13 | 音楽・小説迷子
イサム・ノグチ
いきなりだけど、去年の夏に北海道を旅して、そのとき札幌市郊外のモエレ沼公園ってとこにいきました。こんなん→
d0065332_17361185.jpg
まずは、公園??と思うかもしれません。スケールがでかすぎで、一周するのに軽く1時間はかかる広さ。もともとあったゴミの埋立地を公園として生まれ変わらせようとしたもので、それをイサムノグチという彫刻家が担当しました。

d0065332_17371833.jpg
プレイマウンテンと呼ばれる彫刻?みんなそろって、この坂を自転車で駆け上る。頑張ったけど、1/3で断念(見た目よりキツい) 去年、これより高いもう一つの彫刻(というより山)と噴水が完成し、着工より17年でようやく完全オープンになりました。
彫刻といえば、石を削って…って思ってしまうけれど、この彫刻家は大地を彫刻しようとしました。スケールのでかさに乾杯!公園内には、ビーチやガラスのピラミッドや、一風変わった遊具など、デザインがところせましと。



建築・インテリア界の偉人を気軽なノリで紹介する「CASA BRUTAS EXTRA ISSUE」シリーズ。そのイサムノグチがでました。価格も1200という学生価格。彫刻・インテリア・エクステリア作品から偉人のプライベートまで紹介。買いです。
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-13 17:58
ベンチをめぐる冒険(下)
中間模型のプレゼンテーション、先生に言われた一言「いや~、うまいね。でも私は誤魔化されないよ。」
もちろん、ほめ言葉じゃなく。。もったえぶらずに言えば、東の芝生の部分をカットした模型にしたことを指摘されたのです。正直、考えたくなかった部分だけあって、、さすが先生、痛いところをついてきます。ってことで、再提出。一から作り直しになりました(泣)
d0065332_17215844.jpg
一週間、考えてでた答えが、この形。コンセプトは「風景」前回で、風景もベンチも道もできた。じゃあ後何がないんだろう?ってことで浮かんだのが「風景」だったわけです。そして、模型。

d0065332_17243495.jpg
こんなん。噴水や新しい並木をつくり、芝生のベンチをうまく合わせてつくる。さらに、風景をきりとる装置としての建築物。。もう、やり残したこともない。。今度こそ!(さらに続)
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-12 17:28 | 模型・デザイン迷子。
すっかり梅雨の空。
d0065332_18544926.jpg
一日中、卒論の文献の読み込み。夕方、すっかり灰になって、キャンパスを出ようとしたところ、建築学科の設計発表会なるものをやってました。

d0065332_1943815.jpg
図面とプレゼンボード、模型。デザイン、コンセプトともに、すごい密度。。デッザンも芸術の域です。材料もいろいろ。見てるのもおもしろい。逆をいえば、「見せるための模型」ってことなんだろうね。これ3年の設計演習ってことらしくて、、いや、すごいです。

d0065332_1945358.jpg
改めて思ったのは、やっぱり建築とランドスケープデザインの本質的な考え方の違いかな。建築が、「デザイン要素の創出」に対して、ランドスケープデザインは、「デザイン要素の配置」みたいな。どっちがいいとかじゃないけど、、建築特有の理論武装って、なんだか…うさんくさい(笑)
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-11 19:29
ベンチをめぐる冒険(中)
さて、前回の提出の結果は…(意外にも)よかったです。特にpublicとprivateを分けた点が評価されました。やったね!一方で、おまけに作ったベンチがイマイチな評価(がんばったんだけどな…)さらに、模型の人の顔がない!って妙なツッコミを受けることに。確かになんで顔作らなかったんだろ… 
マジメな評価としては、「四角い一つのベンチの自己完結性が強すぎる」というところでした。つまり、「一つでまとまりすぎているから、いくつもあったら、どうなんだろうな…」 「確かに!!」って、ことで周辺デザインを考えることに… 

d0065332_1294349.jpg
現状の図面。キャンパス西側(左部分)が樹木、東側(右部分)が芝生でした。はっきりいってつまらない。しかも、結構ベンチが邪魔!なので、これを勝手に改造。

d0065332_1312099.jpg
こんな感じに。っていってもわからないので、模型。

d0065332_1401741.jpg
すべてのベンチを新しいベンチにするのではなく、うち3個だけ配置することでバランスをもたせました。それと、おまけのベンチも改良して4つだけ投入。あとは2本の歩道(軸)をいれたこと。この歩道をどう置くかで丸5日悩んだ(笑)でも、これで広場へ人を入れる道筋をつけることができました。
さて、苦しみぬいたこの模型。。評価はいかに…(続)
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-11 01:41 | 模型・デザイン迷子。


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧