<   2005年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
21歳のサイドワーク。
d0065332_1181850.jpg卒論に追われる昨今、またもやサイドワークが舞い込んできました。オープンキャンパスでの研究室の紹介。やる気をそぐには、うってつけのお仕事。そして、今日が当日でした。


d0065332_1184465.jpgこれがうちらの研究室のブース。景観デザイン研究室、デザインって名のつく研究室である以上ね、そこは頑張りどころ。
このまえのliving bridgeの他、個人的に中庭の模型、1徹夜2日で作成したプレゼンシート(下の写真)とともに展示。やっぱり気になって、見学者の反応を、見ににいきました。

d0065332_1522381.jpg
ドキドキしながら、見学者の隣で立っている自分、、
「この赤と黄色のって、、人?」「この人なにしてるんだろ?」「座ってるこの人おかしくない?」 
って、模型上の人ばかりの感想。予想外の反応ってか、よし悪しがまるで語られず。。(他、51号館のビルがやたらいじられてたっけ)
色気のないうちらの学科の中では、当研究室はまずまずの集客でした。

さて、本業の卒論はいずこへ…
[PR]
by neko1dozen | 2005-07-31 01:55
探し物、見つかる。
少なくとも、天気に限っていえば、今日も素敵なレモン色な日でした。
d0065332_2122050.jpg それに乗じてか、探し物が見つかりました。
「星がきれい/the little monsters family」 ここで、ピンとくる人って、何割くらいなんだろう? 6年も前の曲。ゆずと、ゆずのプロデューサーである寺岡呼人さんの3人のユニット。といっても、このシングルだけのリリースだったけど。でも、この曲は思い出深い名曲でした。
 絶版で、しかもどこのレンタルショップいっても置いてない。少し諦めモードで、卒論の休憩(逃避行?)がてら、昔のMDを掘り返しました。すると、でてきちゃいました。奇跡的に、その曲だけ、音とびなしで。

d0065332_2175322.jpg
(歌詞の一部)
「昔話だよね」と  何度も言い聞かせた
だけど目を閉じるたび  君が笑ってる

こんなに星がきれい  今君は何処にいるんだろう?
白い雪が  街に舞い降り
いつか君の笑顔も  声も届かなくなる日まで
痛みを抱いて  生きてゆくから

何も変わらない  それでも変わってゆく
悲しみも景色も  心も


ところで、今、ポテトをめんつゆに浸して食べています。とても、おいしくないです。
[PR]
by neko1dozen | 2005-07-29 02:27 | 音楽・小説迷子
弱い台風が去ってた夜に
東京に上京、大学入学って中で、確実に失ってしまったことって、やっぱり多い。。飲んでも次の日に学校へ行ける体力、カラオケがもっとも文明的な遊びだった地方のノリ、お店に行かずとも制服が毎日ただで見れるという特権..etc... 
あと、確実に言えることの一つに、7月がないってこと。梅雨の終わりにドカンとテストがあって、梅雨明けとともにがガッツリ夏休み。太陽の光もまだ透き通るレモン色で、8月のギラギラした嫌味がまだない。中・高校時代通じて、汗だくになりながら、部活の練習に明け暮れたっけ。
d0065332_3212619.jpg
今日の馬場の空(PM4:00)台風一過の晴天って、やつです。空の色もいいけど、街の色がいいなって、夕方の山手線を待ちながらぼんやり思いました。


d0065332_3214133.jpg
今日の早稲田の空(PM7:00) それにしても、夕暮れと赤信号って、ビールと枝豆くらい合いますね。 携帯のへちょカメラしか持ってなかったのが残念。


定期試験でつぶれていった過去3年間の7月。今年こそ復権をもくろんだものの、あえなく卒論の虜となりました。休みなく卒論マシーンとなり、机に向かう日々。。このBLOGが人間としてのささやかな抵抗です。
ポカリスエットのCMのごとき、清涼感たっぷり夏が僕たちを迎えてくれた、あの7月はどこへやら。いや、来年こそは…ね
[PR]
by neko1dozen | 2005-07-28 03:27
ビオトープ(biotope) その②
卒論そっちのけで、試験勉強中。今日は生態学の勉強。
そこで「a Species a Niche」って言葉を見つけました。Speciesとは、種のことで、ニッチ(Niche)とは、食物連鎖の地位のこと。「1つのニッチには1種類の生物」、つまり、ライバル同士となる生物は、同じ空間に共存しえないってこと、食物連鎖のバランスがうまくとられるように自然に生態系は導かれるということです。
これって、人間関係でもいえるよな、って。しみじみ思ってみたり。。人との相性とか、ボケとツッコミがうまくつりあえるように、集団の中でキャラが自然と調整されていくような。そして、僕は常にボケにまわされているような(食物連鎖の底辺にあたるんだろうな)
生態学って、格言じみてておもしろいです。
d0065332_2333210.jpg
蛇足だけど、愛猫の「K君(♂・3歳)」。我が家の食物連鎖の頂点にいます。この猫によって、数々の観葉植物達が姿を消しました。。
[PR]
by neko1dozen | 2005-07-25 02:38
ビオトープ(biotope) その①
9月に、受けることした資格試験。ビオトープ管理士2級(計画管理部門)取得をめざして、ただ今、勉強の真っ最中。
d0065332_24860.jpgビオトープとは、簡単に言うと、生態系(生き物の集まり)が、人間とともに生きていける空間のこと・。最近は、公園や学校で、緑や人工池などを用いたビオトープ作りが盛んになっている(写真は静岡県三島市の公園)

d0065332_274147.jpgビオトープ管理士とはこんな公園や学校を作る資格。取材にいった時には、何組かの親子が仲よさそうにザリガニ採りをしていた。(仕込みじゃないよな?)

テキストは、軽くタウンページ級のが3冊。地球の始まりから、水中昆虫の種類、動物の足跡、都市計画法まで、範囲も広いわけで… ちなみに、合格率は20%。う~ん、しょっぱいな。。
[PR]
by neko1dozen | 2005-07-24 01:52
Go back to India
卒論の夏ゼミをサボって、インドに行く夢を見た。なんでだろ、グーグルアースで遊んでたからかな。
d0065332_22152393.jpg母なるガンジスが流れる街、バナラシ。何キロにもわたって、このような岸(ガート)が続いてる。ヒンドゥー教の聖地であり、そして僕の聖地でもある。はぁ、今思いっきり、全裸で沐浴したい。

d0065332_22224578.jpgコテコテとはいえ、やっぱりはずせないのはこちらタージマハル。グーグルアースからも、見れるほど、広大な宮殿。16世紀のイスラム建築の集大成。初めて見たとき、体から、涙やら、汗やらいろいろな液がでてきた。いや、はんぱない。

d0065332_22263840.jpg
人との関わりが、うれしくもつらくもあった。赤ちゃんを抱えて、物乞いをするステーションチルドレンや、ガンジスに浮かぶ死体、タバコをすすめてくれた現地人。 目をつぶらないでは、旅ができない時もあったけ。

ありえないくらいの濃い旅から、もうすぐ1年。帰ってきてから、1ヶ月くらい毎日夢に見てた(ってか、とんでた)、、そんな時期はもうないけれど、あの時見た、モノ、人、ニオイって忘れないんだろうな。ニオイ…くさかったな。
[PR]
by neko1dozen | 2005-07-21 22:38
モケイ・モケイ・モケイ(下)
d0065332_21423562.jpg
前回紹介した建築模型。プレゼンシートを拝借。

d0065332_2143793.jpg
知らない素材がいっぱい。ストローにホッチキス、ナット。何気ない工夫に関心。まぁ部品を作るっていっても、部品数が3桁~だからね。あと、階ごとのスラブ(床)の素材にはプラ版がはさみこんでいて、模型としての「みえ」にも気を使ってました。すごい。
d0065332_21433295.jpg
このマンション、上野の同潤会アパートの立替プランということでした。アイデアは、住居部分の2階分持ち上げと、ランダムな住居配置で、住民のプライバシーを保護。また、共用スペースを地面レベルと、各階に挿入するというプラン。


d0065332_2146684.jpg
ぽっかり真ん中に空いたスペースから漏れる光と階段の置き方が、個人的に好きかも。友人いわく、共用スペースについてかなりツッコまれたとか。土木、建築を問わず、公共スペースの設置は難しいものみたいです。ってか、なにより1週間で睡眠10時間きってたっていうんだから… やっぱり南無。
[PR]
by neko1dozen | 2005-07-20 22:15 | 模型・デザイン迷子。
モケイ・モケイ・モケイ(上)
話題が、原則一週間遅れな当ブログ。先週の水曜日、友達の建築模型の手伝いをしに出かけました。水曜日といえば、自分の模型提出日。そう、プレゼン終了後、ボロボロの体で電車に飛び乗りました。
d0065332_175578.jpg

さて、友人の部屋に入った途端、そこにあるのは、モケイ・モケイ・モケイ。その隙間を埋めるように、マックの袋と1ℓ紙パック、松屋のお持ち帰りセットの残骸。。なかなかの荒れっぷりです。それらに囲まれ、申し訳なさそうな2人が模型作業してました。

d0065332_0504688.jpg
課題内容は集合住宅、つまりマンション(具体的な説明は完成物を交えてまた今度) 恐ろしいことに、それだけの部屋をすべて自ら作るというのです。すでに、友達のTシャツは3日変えられず、それはつまり徹夜の夜の数を意味するわけで… ヘルプの僕にまかされたのは、テーブル102個、イス103個作るという残虐プレイでした。

d0065332_165846.jpg
部屋のひとつ。とりあえず、作るものは、数が3桁~っていう、作る人間からしてみれば天文学的数字。一見華やかに見える建築模型も、実は忍耐のかたまりなんだなって、しみじみ思わされました。南無。

次回、その完成作品の一部を紹介。
[PR]
by neko1dozen | 2005-07-18 01:14 | 模型・デザイン迷子。
ラスト模型。
もう、一週間前になっちゃったけど、模型の最終提出前夜の風景をup。
d0065332_17404426.jpg
CADをフル活用。できる人達です。この晩はお酒も入らず、かなりマジメなみんな。
d0065332_17405716.jpg

それでも、こんなのが一ヶ月も続いてるとテンションはあがりません。チャックもあがる気がしません。
d0065332_1741961.jpg

うちらチーム。うちらだけ2人。あれ、これって、1日前に終わってる作業のはずだったよね。そんな会話が提出1時間前まで続いてました。
d0065332_1738734.jpg
そして、提出作品。あと、1日ほしかった!もちろん、あと1日あったら休んでいただろうけど。。ともかく、おつかれ!
[PR]
by neko1dozen | 2005-07-17 17:54 | 模型・デザイン迷子。
fishmans復活&岡村靖幸逮捕!
北海道最大のロックフェス、ライジングサン。今年、熱いです。ってか、熱すぎます。なんたって、フィッシュマンズ復活!だっ!
フィッシュマンズ。ヴォーカル佐藤伸冶の急死によって、突然の活動休止を迎えたのが99年。とはいえ、その後も(あるいはその後に)支持を受け続けている伝説のダブバンド。この前もファンの集まりにいってきました。
d0065332_32615100.jpg
その時のフライヤー。フィッシュマンズファンなら、外せない年一のイベント。来年もやるそうです

d0065332_331682.jpg
Aloha Polydor フィッシュマンズのいいとこどりのBEST。これを聞きながら一人ダブに漂えば、一日中ご飯はいりません。体重も、余分な人間関係も、いい感じに減らせます。

d0065332_327452.jpg
一方で、岡村靖幸が覚せい剤使用で逮捕。まぁこっちはネタだけど。。写真はトリビュートアルバム「どんなものでも君にかないやしない」 なんたって、3曲目のカルアミルク(クラムボン)がよいのです。カルアミルクが飲みたくなるのです。廃盤になったのが実に惜しい。。
[PR]
by neko1dozen | 2005-07-16 03:46 | 音楽・小説迷子


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧