<   2005年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧
しらせ
ちょっと前のことだけど、思わぬ知らせが飛び込んできた。

以前、居酒屋で一緒に働いてた一人が、国内不法滞在で、警察に拘留されたらしい。
バングラディッシュから来てた人で、ずいぶん親しくしてもらってた。陽気な人だったっけ。お金を作りながら、祖国のダンスを日本に広める活動をしてた。稼いだお金は、祖国の家族に送金していた。

そのニュースを店長から受ける前に、その人から着信があった。けど、最近個人的にお金のトラブルで連絡をたってて、その電話にも出なかった。今思うと、その時、彼は何を話そうとしてたんだろう?
その電話からの着信を受けることは、おそらく、もうない。まして、彼の作るタンドリーチキンのまかないを口にすることなんて、ありえない。

人と人とを隔てる壁は、猶予をもたない。ある日突然にその姿を現し、その圧倒的な存在に、僕らは言葉を奪われる。表情を失う。


来月初め、一度だけ警察で面会できるチャンスがあるという。正直、迷ってる。
[PR]
by neko1dozen | 2005-11-30 01:43 | 東京・建築迷子。
FISHMANS presents "THE LONG SEASON REVUE"
ざざっと、建前の迷子を終えた小生、いよいよ難波のライブ会場へと足を運ぶ。

FISHMANS presents "THE LONG SEASON REVUE"@なんばHATCH

(ちなみに、今回の記事は、はばからず思いっきり内輪ですすめます。fishmans知らない人、ごめんなさい。ってか、むしろ聴きましょう)

d0065332_2148266.jpg
いやいや、来てしまいました。東京のチケットが取れず、大阪まで来ちゃいました。そこは、fishmans。なんたって、fishmans。vocal佐藤の急逝から、早6年。夏のライジングサンに続き、復活後初のワンマンライブツアー。原田郁子(クラムボン)、永積タカシ(ハナレグミ)、POCOPEN(さかな)、UA、山崎まさよし、蔡忠浩(bonobos)..etc って、その中の1人でも十分でしょってくらい、ありえない豪華vocal陣。ダーツ関口、木暮晋也、HONZI、PAにはZAKって、サウンドも当時のまま!!ZAKなんて初めて見るし  ……もう、全てがなんてこった。小生、ヨダレをぬぐうのに懸命。ダラダラでとまりません。

(セットリスト)
●登場時のBGM
mirror Boll/Buffalo Daughter
○茂木欣一
1.Go Go Round This World
○原田郁子 (クラムボン)
2.Weather Report
3.いい言葉ちょうだい
4.エヴリデイ・エヴリナイト
○POD
5.BABY BLUE
6.なんてったの
7.Smilin' Days, Summer Holiday
○蔡忠浩(bonobos)
11.忘れちゃうひととき
12.MELODY
13.感謝(驚)
○POCOPEN (さかな)
8.むらさきの空から
9.あの娘が眠ってる
10.Just Thing
○UA
14.Walking In The Rhythm
15.新しい人
16.頼りない天使
○永積タカシ(ハナレグミ)
17.Magic Love
18.ナイト・クルージング
19.いかれたBaby
○山崎まさよし&ASA-CHANG
20.LONG SEASON
●アンコール
チャンス
●ダブルアンコール
ひこうき
いかれたBaby

登場BGMがなぜかBuffalo Daughter(なにげに好き)。そこから、ググっとつないで、Go Go Round This World 。この時点で、今年一番のライブ確定だった。譲さんの全身ビンビンの低音、欣ちゃんのこだまするドラム、絶妙にエフェクトを入れるZAKって鉄壁のリズム隊。原田郁子は格好も声もクラムボンの時とぜんぜん違ってたし、PODってタイ人のBABY BLUEは、ある意味本物以上だった。UAのオーラには欣ちゃんもタジタジ。今日が誕生日のタカシ(途中、ケーキ登場に涙目)のMagic Loveは、会場をぐぃと持ち上げるパワーと繊細さがあった。入りこそオリジナルに忠実なlong seasonも、山崎たかよしの震える歌声「口ずさむ人はなんだ~ぃ?」に、ASA-CHANGのパーカッションで、次第に塗り替えられてった。
チャンスで陽気にしめたはずのアンコール。終了後、明るくなって、演奏終了のアナウンスがなっても、なにわの観客は立ち去ろうとしなかった。再度ダメおしのアナウンスがなった思ったら、出演者缶ビール片手に再登場!!掟破りのダブルアンコール。こういうのってあるんだね。初めて。会場全員アカペラで、もう2曲歌ったころで、軽く4時間が回ってた。

すごい夜だった。佐藤のいたfishmansを知る人も、僕みたいにメディアを通してのみ知るの世代も、会場みんな泣いてた。普通のライブとまるでテンションが違った。様々な感情が交差する会場の中で、僕はダブのリズムにそっと体を浮かべ、ずっと目を閉じてた。

語りつくせないエピソードは、来年映画化されるらしい。


fishmans. 
5年以上のブランクはあれど、このすばらしい音楽集団に出会えたこと。驚きと感謝こめて。
[PR]
by neko1dozen | 2005-11-28 22:32 | 音楽・小説迷子
大阪迷子。
d0065332_21213853.jpg

どうしてもはずせないライブがあって、行っちゃいました、大阪!
とはいえ、「ライブだけに大阪行きました。」とはさすがに言えず、ついでに、迷子に出ることに。


d0065332_21242413.jpgなんばパークス/ジョンジャーディー
六本木ヒルズ、福岡キャナルシティに携わったプランナー。ここには、2年前の冬、オープンして間もない頃に行ったことがあった。 谷をモデルにした有機的なデザインは、六本木ヒルズと変わらない。六本木ヒルズよりは、さっぱりしてる(≒安っぽい?) 夜行けばよかったな、イルミネーションきれいそう。

d0065332_21294193.jpg住吉の長屋/安藤忠雄
日本の住宅建築における、最高傑作にして、最大の問題作。

住宅建築を見に行くのってなかなか難しい。プライバシーの関係で、ネットでも住所がわからないもんだから、歩いて探すっきゃない。建築ひとつ見るのも体力勝負。
現地の人も意外に知らなかった。「前にも、聞かれたことあったけどなぁ、ごめんなぁ。」なんて、人懐っこい関西弁が帰ってくるばかり。


d0065332_21212760.jpg諦めかけて、最後の一人と思って声かけた人がたまたま知ってて、なんとかたどり着くことができた。小生、必死っぷり。
もう、25年も経つこの建築。当時は、3軒の長屋の真ん中をくりぬいてコンクリートの箱を挿入したってことだったけど、その両脇も姿を変えてた。もっと大きな打ちっぱなしの建築が隣にあると、この建築が、まるで恐縮してすっぽり身を潜めてるようにも見えてくる。今では、下町の風景にも収まっているその姿に、なんだか逆に残念な気もした。



さてと、行きますか。
[PR]
by neko1dozen | 2005-11-27 23:40 | 旅・建築迷子。
仙台迷子
なんだかんだで、4日前。忘れないうちにね。

d0065332_1652533.jpg@早稲田駅18:16 

とりあえず、荒川線乗る。これから、400km離れた場所に行くなんて実感がわかないけれど。

d0065332_16525750.jpg@大塚駅 18:30 

山手線にお乗換えのおハコ様。
やっぱり目立つ、巨大な白箱。ヒューマンスケール越えちゃってるもんね。

d0065332_16541741.jpg@上野駅 19:02 

はやて27号八戸行き。なんだかんだで、東北新幹線は初。

d0065332_16593885.jpg@大宮過ぎたあたり 

270km/h、高速移動中のあまねこ橋。東北新幹線には、幸いにもスキー用の荷物置き場があって、すっぽり収まってくれた。

d0065332_1735596.jpg@仙台駅 20:40 

仙台は、2回目。こんなに早く着いちゃうと、なんだかありがたみがない。東北大に模型を出しにいった後、終バスを逃して1時間まっくらな山中をさまようことになる。こういう時って、意外にテンションが高い。マジっすか!?とかツッコミながら、脱猫のごとく山を駆け下りる。

d0065332_1785274.jpgふもとでまってたのが、仙台冬の名物、イルミネーション。オチはちゃんと用意されてるもんです。きれい。

この後、高校時代の部活の後輩と飲む。

d0065332_17205571.jpg4年前まで一緒に山を登ってた後輩は、DJに転身してた。今も東北のリズムを刻んでる。人って、変わるんね。。にしても、セットがすごい。ターンテーブルに、いかちぃミキサー、CDJ、レコードのコレクション…etc 口の両脇から、ヨダレだらだら。
「CDJ、2つあるなら、1つ頂戴。」なんて頼みも、あっさり断られる。かつての先輩の威厳は、まるでなし。


d0065332_17284781.jpg日が変わって、23日。ひさびさの爆睡後、向かいましたるは、仙台メディアテーク/伊東豊雄
原宿のTOD'S、松本の市民・芸術館なんかに先立って、伊東豊雄の名前を世界に広めた、この作品。見てきちゃいました。

d0065332_17392774.jpg建物を支えてるのがこの細い鋼管の束。その中に、エレベーター、階段が収められてる。
ムービー ←わかりずらくて、とっても不親切なムービー


d0065332_174551.jpg細い鋼管は、建物を突き抜けてる。こうすることで、採光の機能も果たしてるんだとか。なるほど。
さすが、っていうしかない建物だけど、やっぱり鋼管の継ぎ目とか、細かいトコが気になった。この人の建物って難しすぎて、施工がついてけてない、そんな印象だった。
けど、こんな図書館が近くにあったら、楽しいんだろうな。

d0065332_17452081.jpgお約束の牛タンを食べた後、帰路に着く。なんとなく常磐線の特急に乗ってみる。新幹線と値段は代わらないのに、4時間もかかる。無駄の極み。けど、無駄にこそ、発見があるわけで。。いい夕日を発見。


おなか一杯の仙台紀行だった。さて、明日から、また散歩に出てきます。(卒論はいずこ
…)
[PR]
by neko1dozen | 2005-11-26 17:57 | 旅・建築迷子。
今日のぽっかりさん。
一日をまるまる外で過ごすのなんて、ひさしぶりだった。

d0065332_0575687.jpg例の件のおかげで、一晩眠ることができず、そのまま朝、江戸川の河川敷に出向いた。研究室対抗の野球大会。学科の全研究室対抗って熱い!イベント。賞金はビール券(研究にまるで反映されないのがウケる)で、そのため教授まで担ぎ出す研究室まである。一方で、バーベキューでガンガンに飲みながらって全力で楽しむ研究室まで、色とりどり。まぁ、うちらの研究室は真ん中くらい。


内容はっていえば、やたら白熱してた。ドラマチックな場面もきちんと用意されてて、小生の手のひらサイズの心臓には高負荷すぎた。結果、準優勝。いやいや、やりましたよ。美しい。夜の飲みも楽しかったし。



d0065332_1115153.jpg日が変わって、本日。筋肉痛の体も、今日って一日もまるでぐだぐだだった。豆乳でソイチャイを作ったところで、一日を終えた。ほんと、ダメ猫っぷり。

そんな一日な一冊。今日の猫村さん。力抜けます。
(決して、すすめてるわけではありません。あしからず)
[PR]
by neko1dozen | 2005-11-26 01:12 | 東京・建築迷子。
天架猫閃橋
d0065332_13485980.jpg落ちたものの、このまま見てもらう機会がないってのは模型がかわいそうなので、写真とシートを一大UP!

d0065332_13144541.jpg
敷地模型(s=1/300) 
左下から右上にのびるのが、表参道。それに交差するキャットストリート。

d0065332_13145516.jpg
本体模型(s=1/100)
桁裏の見えにも、ずいぶんこだわった。特に階段部分。普通の階段って、自転車が置かれてたりして、汚なくなってるもんだから、造形的にまとめました。スチレンペーパーを張って切って、削ってのフェチな作業。

d0065332_1315236.jpg
構造は、アーチ。この中に異なるアーチが3つ隠れてます。
最後の最後で、問題になったのが、高らん部分(人が落ちないための柵みたいなの)。ギリギリ前日に太さ変更って、軽く事件だったけど、変更後はずいぶん軽くなりました。
d0065332_13151210.jpg
猫の目、翼、セミの羽、色々言われたけど、やっぱり若葉じゃない?
d0065332_13151836.jpg
建築の友達からもらった人の模型。実際おいてみると、色々な物語が生まれそうで面白かったな。写真のは、ちょうどぴったしの2人がいたんで、手をつながせてみました。

d0065332_13424924.jpg
斜めっぷり。

d0065332_13354820.jpg
最後、2つをドッキングさせて完成。

d0065332_1336041.jpg
小生の部屋(s=1/1)

d0065332_13361172.jpg
高らんの最後の部分なんかにも気をつかってみました。ずいぶんフェチな作業に、かなりの友達を巻きこんで。



あと、実際に提出したプレゼンシートです。

今回のエスキスは、かなり入れ込みました。スタディ模型は8個、スケッチ用のクロッキー帳はまるまる一冊黒く塗りつぶすくらいに。その中身はおいおい紹介させてもらいます。あと、仙台奥の細道紀行についても後日。
[PR]
by neko1dozen | 2005-11-25 13:50 | 模型・デザイン迷子。
一次結果。
d0065332_21252355.jpg

落っ、ってことになりました。小生、かなり凹みっぷり。

たくさんの協力してもらった、みんな、ご期待に沿えず、ごめんなさい。なにより、ありがとうございました。心から。
[PR]
by neko1dozen | 2005-11-23 21:29 | 模型・デザイン迷子。
夕暮れ電車に飛び乗れ。
d0065332_17474334.jpg


この一ヶ月の自分を運んできます。仙台へ。
[PR]
by neko1dozen | 2005-11-22 17:50
タイカ。
先生のアドバイスにより、閃いたアイデアは却下。再び、ピカチュウに戻る。まぁ…ピカチュウの方が人気だしね。いい意味で退化。
ついでに、高らん(柵のようなもの)太さを変えてみた。結果、思いっきり軽くなった。これほど違うなんて、、先生含めてみんな驚いてた。ディテールって、重要なんだね。やっぱ。
そう、ピカチュウは新しい技を覚えて進化した。

模型はほぼ完成。今日は人も置いて、撮影をしてみた。研究室で撮影会(諸先輩方ありとうございました) 写真を通してみるとまた違って見える。ムフフな出来になってきてる。


さて、シート作らないと。22日、模型とA1のシートがセットで必着になってる。しかも、送り先は無駄に仙台。黒猫の輸送屋の限界が明日夕方6時。間に合わなかったら… 新幹線。財布的に避けたいね。
[PR]
by neko1dozen | 2005-11-20 20:53 | 模型・デザイン迷子。
シンカ。
締め切り3日前。順調に遅れていた模型制作も大詰め。今日は高校時代の仲間2人に、ラストスパートをお願いした。

ほんとは、一人の誕生日会のはずだった。まぁ、70%模型、25%鍋&音楽、その残りで彼の誕生日を祝うことになる。こんなゾンザイな扱いも、腐れ縁であってこそ。とはいえ、鍋はよかったし、ボジョレーもしちゃった。おでんつつきながら、夜景も見た。ついでに、西の空に、流れ星まで見た。
すべてが満たされたような一日だけど、睡眠だけが抜け落ちてる。目を閉じることを忘れて、3日目。意識があやうい。

d0065332_1431821.jpg

2人は、朝方までつきあってくれた。もう、ほんと… あざ~す。残り、絶対形にしてみせるよ!
AM10:00 燃え尽きてる2人の画 (無許可掲載)


みんなが死んだあと、nekoの閃き発動。最初の案が、ピチューとするなら、昨日までがピカチュウ、そして今朝ライチュウへと進化した。電気ショックの威力も前日の比じゃない。水系ポケモンなんて、イチコロだよ。そんな感じのかなりでかい閃き。さて、形にできるか、どうか。
今日、明日。勝負時。
[PR]
by neko1dozen | 2005-11-19 14:48 | 模型・デザイン迷子。


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧