<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
おかえり / Stand Alone



d0065332_12335375.jpgあの模型が帰ってきた。「あまねこ橋」
コンペ後の展示会に展示されていたため、ようやくの帰省。久方ぶりの再会にドキドキ。開けてみると、懐かしくて思わず笑ってしまった。さすがにちょっと痛んでたけれど、心配してたほどじゃなかった(ある意味、本体構造の強度は証明されている!)

d0065332_12345750.jpg半年たっただけで振り返るのもなんだけど、ホントに意味のあるコンペだった。結果はどうであれ、あれほど力を入れたモノってこれまでなかった。大学時代、唯一残せた成果品。ほんと一生懸命に楽しかったな、痩せたけど。

d0065332_1237767.jpgあのコンペで、何かがふっきれた気がする。それが何かわからないまま、今はがむしゃらに物を作り続けている。ある意味で開花しちゃったコンペかもしれない。
そんなかわい模型なので、ちゃんと手直しをしてとっておこう。


それともう一つ、今日、あるターニングポイントを迎えた。新しく視野を広げるために。この決断が吉とでるか、凶とでるか分からない。Stand Alone―それでも、やるからには全力でやろうと思う。
[PR]
by neko1dozen | 2006-06-21 12:40 | 模型・デザイン迷子。
ザックダウン。 
肩に食い込んでいた、大きな荷物がようやく下りた。ザックダウン。

○シンポジウム当日配布の冊子のデザイン

表紙、綴じ込みパンフレット、中とびら、奥付のデザインをトータルでやらせてもらった。初めてのDTPデザイン。
d0065332_456862.jpg
表紙(右が表、真ん中が背表紙、左が裏)
今回は「あやとり」をイメージした。デザインの多層的展開ということで、Pablicと、designを、赤いヒモが交互に結っていく感じ。Pdは既存のフリーフォント(KeroDot Deux)。ちょっといじって、広げた両手のような温かみをもたせた。
d0065332_6345358.jpg
中とびら
 これも裏表でもつながるように線を描いた。色は、イメージカラーの緑黄オレンジを組み合わせてる。

d0065332_572240.jpg
裏付(最後のページ)




AYATORI
その一本の紐は人から人へと手渡され、その度に新たなカタチを生んでいく。川、はしご、吊り橋、タワー… 小さいものから、大きいもの。幼い頃、全てのカタチは僕らの手の中に浮かんでいた。このシンポジウムのデザインを考えていた時、ふと浮かんだ淡い記憶である。
 もし時間があるのなら、お隣同士でこの冊子を持ち寄って、表裏交互に並べてみてほしい。そこで、たちあらわれるカタチは、このシンポジウムによせる我々の思いそのものである。
(奥付でのコメント抜粋)

d0065332_4584792.jpg

つまり、4冊、6冊って、裏表に並べるとこうなる。

みんなの冊子を持ちよることで、あやとりは無限に続いていくわけだ。



このレイアウト、気楽なデザインのわりに、印刷業者さんはかなり大変らしい。作ってみないと冊子の厚みがわからないので、線が裏表でずれることなく繋がるようにするのはかなり至難の業みたいだ。うまくいくといいけれど。


○シンポジウム公式HP

シンポジウム公式HP

シンプルなページ。小ネタがほんの少しだけ。


総じて。改めて、レイアウトの難しさを知るお仕事だった。楽しかったけれど、どっっぷりつかれてしまった。卒論時同様、文章に関しての神経の配り方は、相当すりへってしまった。
少なくとも、小生は、マウスよりも30°カッター握ってるほうがしっくりくる。なんだかんだいって、やっぱり模型を作ってるほうが面白いし、僕には向いていると思う。一つに、やっぱりアナログな人間なんだと思う。



ようやくのザックダウン。新しい山を仰瞰しながらのショートピッチ。次の山もデカい。
[PR]
by neko1dozen | 2006-06-19 05:41 | 模型・デザイン迷子。
暮らしの中の木の椅子展@新宿OZONE
d0065332_1595612.jpg暮らしの中の木の椅子展@新宿OZONE

名前からしてキャッチな展覧会だ。
d0065332_201666.jpg会場狭しと、96展の椅子が座を連ねる。椅子には座ることもできるのがうれしい。かなりのボリュームの展覧会だ。
座ってはいいけれど、撮ってはダメってことで、目に留まった数点をスケッチしておいた。ラフなので、汚いのはご容赦。
d0065332_223678.jpg
d0065332_224845.jpg
d0065332_225886.jpg
相変わらず、スケッチが下手だ… 時空の狭間で空間がゆがんでる。
それはそうと、気になった2点をネットから頂いた。

d0065332_2291657.jpg醪(もろみ)/渡邊義徳

これだけの造形で、3種類の部材だけで作られている。ボルトももちろん使っていない。

d0065332_229269.jpgブナコスツール/清水金弥
ブナコとは、青森の伝統工芸。テープ状にした樹齢200年前後の国産ブナ材(厚さ1mm程度)をコイル状に巻き、これを少しずつずらように「押し出し成型」することによって、独特の表情を生み出す技法らしい。3Dの曲面がどこから見てもきれいだけど、特に横からのアングル(↑スケッチ)が最高にエロいと見る!

今気がついたけど、猫が座ってても絵になるね。


d0065332_2414027.jpgd0065332_240577.jpgこのブナコと呼ばれる工芸は、数年前にモダンデザインにリメイクされるようになって、今はやりみたいだ。右は、ブナコ・サラダボール。
バームク-ヘンみたい。


今度、木材関係のコンペの予定がある。そのため、技法の他、ちょっと慎重に材の種類も見てみた。ホワイトアッシュ、タモ、シナ、トリネコ…知らない材がいっぱいだ。また忘れないうちに、勉強しなきゃ。
d0065332_248554.jpgちなみに、この展覧会は6月13日の19時まで。運のいい人だけ、まだ見れます(相変わらず、役に立たないブログだ)
会場のOZONEも見ごたえがある。ビルの数フロア丸ごと、インテリアショップ。写真は、世界の空グラス。それぞれのグラスに世界の空が印刷してある。一番右、DELHIってのが熱い。
d0065332_2481610.jpg
新宿パータワー/丹下健三
OZONEの入ってる、新宿パークタワーも見物。噴水がなんともゴージャス。

d0065332_2475265.jpgDr.NO アームチェア/フィリップスタルク
これはプラスチックチェアだけど、いいねっ。



あ~、も~、楽しかった。
[PR]
by neko1dozen | 2006-06-13 03:03 | 東京・建築迷子。
日々の雑感。


「白鳥の湖」を見に行った。
あいかわらず、この手の芸術はさっぱりだ。今日も3回くらい意識を失った。
それでも何回か見てると、舞台構成や幕構成なんかで気づくことはでてくる。コールドとソリストの配置や、幕の起承転結...etc  この芸術のもつ技法と美学。ただ、それを美しい・楽しいと思えるには、まだまだ勉強不足だ。きっとそういうことなんだと思う。
今回も妹はコールド。先は長いけれど、次回ヨーロッパ・アフリカ遠征公演。これの出演の内定をもらえたそうだ。おめでとう。


帰り。西新宿、憧れの「思い出横丁」で飲む。d0065332_4375484.jpg
ごった返す人々。それぞれの店の匂いと煙が暖簾がわり。白い煙をくぐって、ジンギスカン専門店に入った。
店の雑な外観とは対称的で、器がきれいだった。ジョッキも薄緑の陶器。写真は撮れなかったけど、聞くと九州の焼き物なんだだとか。良くも悪くも、こういうところが日本のデザイン意識なんだと思う。お肉もおいしかったよ。


d0065332_438955.jpgまぁ、この日も馴染みの友人と、がっつり食べて、しっぽり飲んだ。最近は社会人1年生と話す機会が多い。「寝ても疲れがとれない。」決まりセリフから始まる彼らの話。それでも、それぞれに目標があって、つらい毎日を乗り越えてる。


彼らと違ってボクには、これといった目標がない。かわりに、(今んところは)どんなハードな仕事でもそれをツラいと思うこともないんだと思う。忙しいのは好きなのか、体をいじめるのが好きなのか。
あえていえば、何かに帰属することが苦痛になるのかもしれない。
あえていえば、何かを生み出す人間でありたい。

ボクは社会人にならないんじゃないか、と改めて思う。



さてと、今夜はシンポジウム冊子のデザイン。予算オーバーながら、カラー印刷でごり押してくれた先生に感謝! いいものを作りたい。

パンフレットの失敗はとりかえすかんね。ばっちり決めてみせますよ。
[PR]
by neko1dozen | 2006-06-12 04:51
Rowenta Coffeemaker / Kotobuki Polyesterchair



今年に入って、先生の気前がいい。おかげさまで、研究室に2つのアイテムが登場した。

d0065332_8563511.jpgRowenta Coffeemaker
ついに届いたコーヒーメーカー。Jasper Morrisonデザイン。家具デザインの他、六本木ヒルズのベンチも作ってる人らしい。このコーヒーメーカーは、2年前、シカゴ建築博物館の「GOOD DESIGN Award 2004」を受賞している一品。

d0065332_9102527.jpgd0065332_9104039.jpg
いい。非常にいい。
触ってみると、使い勝手のよさに驚く。コードが巻き取られたり、丸ごと洗えたり、サーバの蓋がロックできたり、フィルター類が収納できたり、フィルターの液垂れがなかったり。。堅実なお仕事してる。
d0065332_914259.jpg水周りに、すっぽり収まった。そして、すでに馴染んでる。人見知り、場所見知りしない気さくなヤツだ。

デザインを掲げてる佐々木研。取っ手のデザインに関して、ちょっと議論になる。ここまで手堅く収めてるのに、取っ手だけういてないかって、疑問。
確かに、全体がスクウェアでコンパクトな中で、取っ手だけ泳いでる感がある。ぷらぷらういてる。
う~ん。個人的には、逆にういてる感じです。ここで、きちっと収まってる方が、かえって気持ち悪くなるかもしれない。あえて、スキっぽくすることで、デザインとして分かりやすくした、と読む!フィルタや蓋について、操作する部分とのメリハリがついている感じだしね。
以上、反論してみた。これを選んだ立場もあって、そこは必至です。


d0065332_9342234.jpgKotobuki Polyesterchair

先生の机の脇に、サイドチェアが置かれるようになった。ずっと気になってて、聞いてみたら、うちの学部の会議室に、新しいイスが納入したとのこと。そのついでに買ったとか。ちなみに、これを聞いた時、先生は相当うれしそうだった。「よくぞ聞いてくれた」とばかり、Vサインを掲げてた(酔ってたこともあるけれど)


ちなみに、こちらは納入されたスタッキングチェア、柳プロダクトで、復刻された一品の一つ。小生も欲しかったので、会議室から一脚持ち出した。先生はOK、学校的にはNG。公にバレたらちょっとまずいグレイゾーン。
d0065332_942587.jpg
お尻がキュートだ。かぽっとハマる。
プラスチック部分の形はサイドチェアと変わらない。多くの公共施設に導入され、新幹線の車掌室にも採用されたもの。長く座ってても疲れず、体制が崩れない。

大好きなイス。唯一気になるのは、背中のネジ部分がでてること。もともと、公共施設用の廉価版だったからかもしれない(カタログだとでてないのもある) それだけちょっと心残りではある。

きれいなものに囲まれてるのは好きだ。仕事のモチベーション3割増し。長く、大切に使ってあげようと思う。
[PR]
by neko1dozen | 2006-06-08 09:55
おくたま   
なんだか、刻みカカオのCMみたいな気分になった。
ぅわ゛ぁ~~!!!っとなって家を出た、徹夜明けの朝。

d0065332_0341132.jpg


新緑@奥多摩

d0065332_0325279.jpg
今年の5月も、山が無性に恋しくなってしまった。インターハイの季節は、6年たった今も体に染み込んでいるようだ。少し遅れてしまったけれど、念願かなった日曜日。

d0065332_036833.jpg地形図×シルバコンパス

思いつきながら、ひさびさの山に興奮。
読図までしちゃったりね。地形図に磁北線まで引いてきた。

d0065332_0372343.jpg
川苔山

初心者向けで、無難に歩きやすい。名前の通り、川と苔がきれいな山だ。
d0065332_0374172.jpg
d0065332_0375663.jpg

ぷら~ん。

軽登靴の感触が懐かしい。


d0065332_0384244.jpg
d0065332_0455960.jpg


今日のメイン。
奥多摩屈指の名滝 百尋ノ滝
d0065332_0403780.jpg
d0065332_1154088.jpg

今日の第2のメイン。ラーメンセット。
でも、うっかりEPIガス(左)を忘れて、作れず。。アホだった。現役の頃やってたら、孤立無援の大失態だ。


d0065332_041083.jpg

現役の頃、気づかなかった美しさも今は気づく。
「美とは発見するもの」ちょうど今読んでる本の言葉が浮かんでくる。
d0065332_0411793.jpg
d0065332_0392914.jpg
アルピニズム!!!
都内だとフリークライミングも多い。手を出そうか迷うところ。
d0065332_0413750.jpg

今日のGOOD DESIGN賞
d0065332_1174468.jpg



今日のお土産。道中拾った松ぼっくり。2つしぶとくついてる縁起モノ。ザックに挿してたら、中央線でおばちゃんに声をかけられ、話しこんでしまった。

「いいもの拾ったわねぇ~」「おうちに飾りなさいよ。」「せっかくなら、黒いとっくりにさして、シックなクロスでもひいて、玄関あたりに…(うんぬんかんぬん)」
気がつけば、すっかりコーディネートされてしまった。


やっぱり、山はいい。
すべてを投げ出した日曜日。たまには、いいもんだ。
[PR]
by neko1dozen | 2006-06-05 01:39 | 山での迷子。
246

今日は、青山から246を渋谷まで下る。ちょっとハイソなお買い物。
ひさびさの外出に、すこぶる上機嫌だ。
d0065332_12611100.gif

先日の研究のコーヒーメーカーの件。結局±0のコーヒーメーカーは諸事情により返品となり、代わりの品を今日見にきた。すでに購入予定から丸1ヶ月の遅延で、皆様にはご迷惑をお掛けしている。さすがに、2度は返品できないから、触って選ぼうというわけだ。


d0065332_1271952.jpg結果、無事によいものが見つかった。さすがhhstyle。納入は月曜日、今度は間違いない一品。研究室の皆様、お楽しみに。

d0065332_444672.jpgescorter AOYAMA/隈研吾

hhstyle青山がテナントで入ってるビルの外溝。
FRPグレーチングと呼ばれる透明な新素材。ルーフ、床ともにこの素材で、スロープ部分には木片が埋め込まれている(滑り止め?)周囲には、竹が植えられている。
素材力のこだわりは好きだ。けど、隈氏の素材の使い方はどうも好きじゃない。頭がいいだけあって、都合がいいというか。。「えっ、そういうこと??」って思ってしまうのは、僕だけなのかな。



d0065332_353669.jpgさらに246を下る。渋谷へ。


タワレコで、ひさびさにCDを購入。
d0065332_1473244.jpgLOVER ALBUM/Clammbon

すでに店内に流れていた。night cruisingも流れた。思わず、聞き入った。名曲であるとともに、思い出深い一曲。
既出が多いので、あまり新鮮味はない。けど、まだ聴いたことない人にはたまらないアルバムなんだろうな。。「カルアミルク」やら、「night cruising」やら涎でちゃうし。オリジナルよりもいいってコレいかに。「波よせて」は、夏の情景にズキュンとくる。大好きです、small circle of friends。

ちなみに、タイトルは、メモ書きの「COVER ALBUM」の「C」を、「L」って、メンバーが読み間違えたことかららしい。お茶目だ。

d0065332_147753.jpg
ポイントの貯まり具合が微妙だったので、もう一枚。

すこしの間/おおはた雄一

なんとなく買ってないけれど、絶対損しないだろうCD。絶対損しないけれど、なんとなく買ってないCD。そんな大量にあるCDリストの中の一枚。
ライブで惚れこんでから、ようやく手にできた。静かな夜にひっそり聴こう。



さらに、恵比寿まで下り、店で少し飲んで帰る。
d0065332_1563460.jpg
ひさびさに、いい店を見つけた。福はうち@恵比寿

黒糖梅酒がおいしい。
[PR]
by neko1dozen | 2006-06-03 01:56
5月終わりの独り言。

この1ヶ月で、4キロ体重減。あんまし食べてなかったし、なにより忙しかった。院が本格始動で、週5の徹夜ってペースは、去年のコンペ以来かな。つらくはないけれど、体にはきてたみたい。都市型栄養失調とでもいおうか。

失われた脂肪の9割は、担当教授が持ってったんだと思う。
…まぁ、好きでやらせてもらってるから仕方ない。


本題。
小生、火曜日に学部生の授業、空間演習の授業のTAをしてる。まずは、その風景を数点。
d0065332_2365818.jpg今週の課題は、気に入ったベンチをプレゼン、模型を作ってくるというものだった。

それがまた、すごいボリュームとクオリティ。。 小生、タジタジ…

d0065332_237761.jpgこんなベンチもアリ。

d0065332_2451449.jpgこんなんもね。

むしろ、作り方教えて欲しいくらい。



d0065332_2382397.jpg今年はカリキュラムの事情で、2~4年生合同の演習になってる。お陰で人数も多くて、開始で60人、今の生き残りが30人ほど。大世帯だ。
しかも、みんながみんなモチベーション↑↑で、今年の演習はことさら熱いことになっている。学生の眼差しが違う。

d0065332_2472262.jpg
それも、単にこの人あってのことだろう。非常勤の小野寺先生(小野寺康都市設計事務所=まぁ、バイト先のドン)。知識や人柄はもちろん、ほめ上手ってのが、授業を盛り上げる。

最近、この人の背中がやたら大きく見える。



ちなみに、小生も模型欲をこらえきれず、授業前夜、イスの模型を作った。5時まで粘ったけれど、残念ながらイマイチ… 出せずだった。
ちなみに、バタフライスツール(S=1/3)に挑戦。半分作った時点で、MPが0になった。ただ、普通に欲しいので、週末にでも作りたい。


もう一点。先日のポーラ美術館での買い物について。
こんなグラスを買った。
d0065332_3134868.jpg

猫が3匹、背中を向けて月を眺めてる。その時点で即買い。

d0065332_3152283.jpg
おそらく日本酒用だけれど、ワインにもいい。見る角度で、底の部分が赤に染まる。
d0065332_3182591.jpgきれいでしょ?
ラインは。柳宗理の底上げグラスにも似てる。ただ、こちらにはフチあり。

美術館のお買い物コーナーは好きだ。どこ行ってもある定番のデザイングッズにまぎれて、時々発見がある。ただし、金欠の時には自制スポット。間違いない。



今日学校に行ったら、だいたい6月の予定が見えてきた。この月の空同様に雲行きが怪しい。これ以上はまずいので、睡眠と脂肪は死守しよう。
[PR]
by neko1dozen | 2006-06-01 03:25


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧