<   2006年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ある夏の夜の夢


夢を見た。 

ある美しい日の夜。意識がゆっくりとぬけていって、世界が真っ白になった。
世界のおわりの夢だった。


その日の夜におわりがくることは、その世界では誰にも直感と経験でわかっている。ボクを除いて、誰も混乱していないし、争いもしない。ニュースにもならない。美しく、長い夕暮れの後、家族でちょっとしたご馳走を食べて、全員で床につく。そして、一人一人、全員に死の瞬間がおとづれる。つつましやかな世界だった。

d0065332_3322697.jpg


1回目のおわりは、現世どおり東京の我が家だった。初めての死にボクはとても混乱してた。
2回目のおわりは、遠い教会(どこかは、わからない。わかるのはそれが遠いということだけだった) の修道院だった。2回目の時は、死の時の鈍い痛みと、もう一度くる生に安堵を感じていた。
その世界では輪廻転生、何度も終わりはきて、生まれかわるのだ。まったく別の生をうけ、それぞれにまったく別の家族が用意されていた。夏の海辺に寄せる波のように生が訪れ、死となってひいていった。黙々とその繰り返し、繰り返し―



これまで、映画や小説なんかで幾度となく「世界のおわり」を見させられてた。それら、どの「おわり」とも違っていた。とても穏やかな死。ごく自然な形のまま、魂だけが抜かれていった。まるでティッシュペーパーを一枚、箱から抜き取るように。
おわりは穏やかで、穏やかなぶん残酷だった。魂が抜かれる時だけ鈍い痛みがあった。喪失ともいうべき痛みに、人々はじっと耐えていた。

d0065332_3353852.jpg


その国では、おわりの日はただそこにあるものだった。なにより、その日の長い夕暮れは息をのむほどに美しさだった。ふさわし過ぎるほどに。



-------------------------おわり。


ちなみに、3度目のおわりの時、ボクは先生だった。最後の日、猫の撫で方をみんなに講習していた。マジメな夢あったけど、ちゃんとボクらしいオチがあった。確かに出来過ぎだけど、ネタじゃない。チワワのようなプルプルの子猫で、撫で心地バツグンなんだ。

なにより驚くべきことは、まったく昨日一日考え続けてたことと同じ夢だったことかもしれない。終わりの日の色は、昨日一日の色そのままだった。昨日流れてた音楽がそのままに流れ、昨日過ごしていた人がそのままに出てきた。そういえば昨日、高田馬場のホームから見る夕暮れを前に、この世の終末について考えていた。自分勝手に、おわりとはこんなんだったらいいな、と。

昨日1日で構成をして、夢で映像作品となった。週末に考えた終末の夢、なんつって。


不思議な夢は時々見る。年に数回、これを機に宗教でもひらこうか、ってくらいの壮大な夢を見る。
現実世界を含めても、これまで最も美しいと思った風景は、一度夢の中で見たサンゴ礁の海だ。夢の中の絵だから、「2度と見れない」とも「もう一度見れるかもしれない」どちらともいえる。不思議な感じ。


d0065332_344388.gifちなみに、昨日、現実世界では、スタンドバイミーを見た。まだ初々しいキーファーサザーランド達が、街中のポストをバッドで惨殺してた。
恵比寿の夏限定スターライトシネマ。おすすめ。
[PR]
by neko1dozen | 2006-07-31 03:18

って数字は不思議なもんで。

ちょっと、それをテーマにしたパネルを作ってみた。


d0065332_044394.jpg

オープンキャンパスでの、研究室の紹介パネル。

パネル上の要素の数をすべて3にて繋いでみた。写真の数から文字の色、枝も3階層、しまいにはフォントのサイズもすべて3の倍数だ。この大きさだとわかりにくいけれど、無茶なレイアウトの割りに実物はそれなりに収まってる(と思う) うん。1日のやっつけ仕事だけど、なんっとか収まってる(よね。)

3脚のイスは安定するし、竜安寺の石庭も3の数から成り立ってることは有名な話。グループを作る時4人になると1人はサボる。ついでに言えば、キリンジの3rdアルバム「3」も聴いていてなんだか穏やかになる。
三角ってイメージは刺々しいけれど、モノをさっと円く治めるすばらしい形らしい。


うわ、今更ながら悔やまれる。このパネル、あと少しなんだよな。。張り終えた後で、無性に直したくなる小生。


ちなみに、今週の土日のオープンキャンパスでこのパネルの他、あまねこ橋、リンドウ橋などこれまでに作った橋達がキャンパス内に展示されるとのこと。うち、リンドウ橋は今も使ってる大切な模型。

ワンパクな高校生がね。。巨大なPにならないことを祈るばかり。
[PR]
by neko1dozen | 2006-07-28 00:31 | 東京・建築迷子。
トライアスロン




模型のバイトから居酒屋へ、そして学校へ。街灯とボラードをピンセットで仕上げ、居酒屋で週末の宴会コースを用意し、研究室のネットワークを一新した。気がつけば計32時間ぶっとおし、さながら職業的トライアスロンだ。

それぞれに、それぞれの磨り減り方がある。疲れ方も違うけれど、どれも最終的には肩にくる。

とかいいながら、どのシゴトも楽しかった。我ながらタフだと思う。
働く時間の長さじゃなく、それぞれでシゴトを楽しめたこと、これに対してだと思う。
どんなにひどい日々でも「しんどい」って感じることって僕は少ない方だと思う(まだまだ上には上があるんだろうけれど) そういう意味のタフさって将来いきてくのかな。



さてと、続きましては映画を見に行く。よりによって、またダ・ヴィンチコード。ぶっちぎり―



d0065332_1720336.jpg

本多孝好の新刊がでてた。「LOVE or LIKE」 6人の新人作家(本多孝好、石田衣良、中村航 他)の短編集。

『 「好き」と「愛してる」の違いって? 』

だって。甘酸っぱいね。早く読みたい。
[PR]
by neko1dozen | 2006-07-23 17:22
ねこの肉球 完全版。


d0065332_15411128.jpg


120のにゃんご達の手足の写真集。それに肉球占いまでついてる。もう、なんというか…「にゃ~ん!!」って感じだ。


買ってはみたものの、なかなか読みすすめられない。ちょっと小生には刺激が強すぎたみたいだ。



写真を直視できないあたり、中学校の保健の教科書を思い出させる。
夜な夜なこっそり読みすすめよう。
[PR]
by neko1dozen | 2006-07-19 15:49 | 迷子猫
風色夏旅06 予告編




02 「北陸~飛騨」
03 「西日本~九州~屋久島」
04 「東北~北海道一周」「インド」
05 「西日本~韓国」

年ごとにスケールが大きくなってる、歴代の風色夏旅。
さて、06。今年の目的地が決まった。

今年の夏は…

じゃじゃん。

「中欧」


インド行きたかったけど…(内なるインド欲はここ2年でピークだ)
まぁ20も過ぎれば、しっかり身になる旅をしなきゃとね、と。


9月のまるまる1ヶ月。ギリシャから入って、中欧諸国を駆け上り、ドイツでアウト。大枠しか決まってないけれど、遺跡とかはわからないので、現代建築・町並を見てくりつもり。中でも、デッサウ(バウハウス)、ユダヤ博物館、アテネスタジアムは外せないホットスポット。おまけに、トランジットでタイ滞在のおまけがつきが熱い。めいいっぱい欲張ってます。



今年の夏旅は、タフでハードボイルドなりそうだ。骨身を惜しまず、一夏しっかり勉強しようと思う。
[PR]
by neko1dozen | 2006-07-18 02:07
夏はじめ、野音。

d0065332_1303318.jpg


d0065332_1284871.jpg


d0065332_129628.jpg



そう。気がつけばもう「野音」の季節なんです。
d0065332_128273.jpg


d0065332_1113599.jpg


clammbon 2006「cover, lover and tour」最終日、
日比谷野外音楽堂



d0065332_1361144.jpg


d0065332_1365158.jpg


d0065332_1351115.jpg
今年もシャボン玉セットが配られた。

方々で、演奏前からキマッてる人たち。


シャボン玉×セミの音×ビール。 夏のご馳走だ。



d0065332_1411998.jpg


曲の間、ダッシュでビール調達。ついでに、ちょっと後ろから聴く。たった数メートルでも、客席とはまるで違った響きに聴こえる、囲む周りのビルも見渡せて会場も違って見える。
野音の数ある不思議の一つ。



1 シカゴ
2 はなればなれ
3 柏手
4 月食
5 アンセム
6 外出中
7 波よせて(Small Circle of Friends)
8 PRAYER
9 おだやかな暮らし
10 ナイトクルージング
11 便箋歌
12 恋わずらい
13 カルアミルク
14 Folklore
15 バイタルサイン
16 サラウンド
17 THE NEW SONG

[en1]
18 That's the Spirit
19 状態のハイウェイ(ビッケ、オオヤユウスケ、永積タカシ)
20 I Shall Be Released(永積タカシ)

[en2]
21 サマーヌード

d0065332_138913.jpg


一曲目からド本命は反則だった。いっきなし連れと肩を叩き合う。ぐぐぐっとノリのいい曲が続いて、5曲目のアンセムで、ミトが壊れた(一緒に周囲のセットも壊れた)  波よせては、Small Circle of Friendsの2人がゲスト(なんてこった!)波の音にゲスト2人の姿が重なった時、感極まって泣いてしまった。そっからカバーが続いて、ナイトクルージング。今年もなぜか暮れる前。そのあとの3曲が連れのド本命で、前奏のたび2人で悶絶。後は息継ぎに困るテンションの高い曲が続く。
en1 少し休めると思ったら、まさかの東京No.1SoulSet!(BIKKE@野音に酔いがまわる!)おまけにOhanaはみんな全員集合。en2では、メンバー全員が浴衣、ステージを飛びだして、客席のど真ん中で、サマーヌード。
d0065332_1382664.jpg


d0065332_1384732.jpg
メンバーも客も、たまってたみたいだった。去年できなかった分、盛り上がりが半端なかった。メンバー以上に、客の声がでてるライブって他にそうはない。
最後のサマーヌードの一体感ってたら、また一泣かせさせられるもの。キャンプファイヤーみたいな少し物悲しさがあって、それと同時に「来年もやるぞ」って前夜祭みたいな勢いがもう生まれてるんだもん。



d0065332_1344086.jpg

やっぱり野音は特別だ。

来年も、再来年も。どんな忙しい日々になろうとも、一年に一度くらい日比谷でシャボン玉がふけるといい。
[PR]
by neko1dozen | 2006-07-17 02:28 | 東京・建築迷子。
沢のつく街の話題2つと、今日の献立。
d0065332_22181066.jpg
流れる音楽に誘われて、店に入る。「うちの音楽に気づいてもらえたの初めてですよ」って、店員さん。そんなん言われたら、一品買わないわけにはいかない。

d0065332_22173066.jpg
レジ脇の棚をのぞくと、白黒のネコが店番してた。

d0065332_22175119.jpg
ランチに行く店は決めていた。けど、風が通るお店を見つけて、予定をぐいっと変更。

d0065332_22354889.jpg

先週まで圧倒的に不足してたもの。ビタミン、ミネラル…名だたる栄養素たちが並んでる。

d0065332_22332077.jpg

引力を感じる不思議なトビラ。
軋むトビラを押し開け、隙間から恐る恐る店内を見わたす。埃まみれの店内に人気はなければ、明かりもない。ただ、脇からまっすぐに伸びる廊下の先に、中庭の緑が四角く縁取られている。ふいに足元に気配を感じ、視線をうつすと、
「いらっしゃい」
そこには、暗闇に浮かびあがる白猫が一匹。スタイリッシュで理知的な猫だ。左と右で違う色の目をしている。左がルビーで、右がレッド。
僕らが気づいたことを確認するなり、白猫は中庭に向かって音も立てずに歩き始めた。先の歓迎の言葉はどこかに浮いたまま、左右に揺れるしっぽが僕らを誘っている。

とまぁ、そんな妄想をかきたてる不思議なトビラ。


d0065332_22512212.jpg

好きな街で、幾度となくきてるのに、未だに街の地図が描けない。駅の降り口すら定かじゃない。
まぁ描けてないうちが、この街の本質に近いところにいる気もするけれど。



d0065332_22513636.jpg
この街を舞台にした、竹中直人の映画「男はソレを我慢できない。」がもうすぐ公開とのこと。下北沢×竹中直人、こいつは間違いない。


d0065332_22335018.jpg
下北沢。これからも守っていきたい街だ。


一日歩くと、たまらなくチキンのスープカレーが食べたくなった。で、勘で作ってみた。家にあった調味料をフル動員。すると、割とそれっぽくできるもんだ。気分もお味も上々↑↑に仕上がってくれた。



話は飛ぶけれど、告知を一つ。

バイト先の事務所からのお知らせ。その事務所で今設計をしている駅舎があって、そこで「love-brick」ってキャンペーンをやってます。一人一つレンガが寄付できて、それが名前入りで実際の駅舎に使われます。お一つ1500円。
おもしろいキャンペーンなので是非。公式HP(寄付したレンガがこちらから見られます。ちなみに、小生のレンガはNo.3718のやつ)
[PR]
by neko1dozen | 2006-07-10 23:40 | 東京・建築迷子。
青い京都へ [2006.6.24-25]


d0065332_1211556.jpg

再び、ちょっと前のこと。
6月某日、梅雨空の京都へ。

d0065332_120355.jpg
d0065332_121182.jpg
d0065332_118876.jpg
d0065332_1262631.jpg

ここんとこ、京都は半年に一度のペースになってる。大抵は一人だけど、今回はみんなで。
清水寺へ行って、湯豆腐食べて、産寧坂で買い物をして。「いかにも」な京都も、いいものだ。

d0065332_1322743.jpg


京都国立博物館(改修)/谷口吉生

エンタランスのみ。メインの百年記念館は、来年竣工の予定。


d0065332_1434942.jpgそもそも京都にきたのは、次期コンペの下見のためだった。
この歩道橋の架け替えコンペ。
d0065332_14458.jpg国一をまたいでいて、ひとまずデカい。しかも、これを木造で架け替えるというヤンチャなテーマ。


d0065332_1443121.jpgd0065332_1444119.jpg
d0065332_1441649.jpg架け替えるっていっても、そんなに悪いヤツに見えないんだけどな。作りは丁寧だし、かわいらしいカタチしてる。
架け替えって騒ぎ立てるのも、ちょっとかわいそうだ。
d0065332_1524284.jpg



ででんと仰ぐ、京都の空。

d0065332_212581.jpg


面々。


d0065332_15962.jpg

僕をこの世界へと導いた建築。なんだかんだ言われるけれど、僕は好きです。


d0065332_1591692.jpg



まぁ、夜はこんな感じで。
d0065332_1592538.jpg



d0065332_1181948.jpg

何もかもが青い6月の京都。行き帰りのドライブも楽しかった。
[PR]
by neko1dozen | 2006-07-09 02:09 | 旅・建築迷子。
Super Nomal展



ちぃっと前に行った展覧会についてのレポ。

d0065332_213243.jpg日常に見るデザインというテーマの展覧会。マルセル・ブロイヤーのスツールから、深沢直人の携帯電話、カップアイスの木サジまで。In The Room一店舗と中流家庭をまるごとひっくり返したような展覧会だった。人よりも展示品がにぎやか。


d0065332_2255554.jpgd0065332_226791.jpg

数あるアイテムに混ざって、「ジェッソ」がさりげなく置かれていることが高ポイント!


この展覧会は深澤直人とジャスパーモリソンの共同プロデュース。ちなみに、研究室で買った2台のコーヒーメーカーはこの2人のデザインであった。皮肉なことは、一方は現在も愛用品、もう一方は返品(哀用品?)となったことだ。


普通を超えるふつう=Super Nomal
これまで当たり前にありすぎて、気づかなかった日常の品々。それらに+デザインを施し、気取らない、さりげない新しいスタンダードを生み出していこうという考え方がSuper Nomalらしい。

これまで深沢直人のこの考え方には、割と共感を持っていた。けど、コーヒーメーカー失敗のショックが大きく響き、素直にうなづけなくなった。ぐぐぐぐぐ…

「デザインを見直す」という動きは、主に97年以降、日本に拡大したデザインの潮流ときく。「生み出すこと」ではなく、「見直すこと」。これが、一時のブームとなるのか、一般性を持ちえるのか、わからない。他分野ながら、見過ごすことができない関心事だ。


夜明けまでまだ時間があるので、もう少ししゃべる。

一つ参照して面白いのが、柳宗悦の「無事の美」の概念だと思う。柳は長年使われ続けてきた日常の何気ない品々にこそ、美を見つけようとした。それら日用品には「見処」をつくろうとする作者の作為が何もない。作者不在のデザインにこそ学ぶことは多いのではないか、というのである。
「デザインを見直す」 したたかなデザイン姿勢は、息子・柳宗理のデザインのカタチそのものである。


「デザインを見直す」同じ言葉でも両者の作業は大きくことなる。そして、深沢直人が平成の柳宗理になれるのかというと、答えはなんとなく見えてる気がする。ぶっちゃけ、考え方云々の前に、素質の問題が大きいと僕は思う。それに加えて、時代性。「良くも悪くも、その程度」ってのが、今のデザインなのだから。


d0065332_3212041.jpgふ~、我ながら生意気にしゃべったな。怒られそうなので、ネコでものせとこ。




明るくなってきたので、もうすぐラスト。
d0065332_2521778.jpg帰りにショップを一回り。柳のシリーズに手を伸ばす。タングを購入した。

一人暮らしでどうやって使うのか?

もっぱら鑑賞用ですよ。
[PR]
by neko1dozen | 2006-07-08 04:39
早稲田まちづくりシンポジウム2006(2006.7.2-3)

真っ白になりながら迎えた、本番のこと。


メディアデザインの仕事と平行して、学生企画があった。
LAYERSCAPEって、横浜の街の調査と発表。シンポジウムの前座で発表する企画だった。

他の班がマジメに調査をする中で、うちらの班だけなぜかmovieを作ってた。「偶数フレーム」やら「トゥイーン」やら、マニアックな用語が飛び交うインナーチーム。確実に浮いてたね。

学部の2年生から東大の院生まで。ごっちゃのチームだったけど、それが逆によかった。正直、他よりも力を持ったチームだった。学部生の若いアイデアをぐっと持ちあげて、先輩3人が体力(+知力)でカタチにしていくような。そんな連携ができてたし、大変だったけどどこの班よりも楽しでたんじゃないかな。学校祭みたいに。


d0065332_2351319.jpgそれにしても、最後の一週間、佐々木研はにぎやかだった。東大生達との朝マック・誕生ケーキには感極まるものがあったし、なにより研究室に黄色い声が飛び交ってたことがデカい。すばらしい多層的展開をここに見る。
せっかくなので、movieはそのうちにお披露目といきたい。



さてと、もう一つ。ホームページ、冊子、ポスターなどなど、メディアの仕事を一手にやらせてもらったことについて― 自分的には何点の仕事か?


d0065332_456862.jpg



作った順にまとまった形になってった。特に冊子では、ギリギリまでわがままを言わせてもらって、形にできた。トータルで80点。観点別評価でいえば、「関心・意欲・態度」が◎ (甘いか?)



エピソードを一つあげるとするならば、先生に、自分のサイン(neko1dozen)を入れるように言われたことだった。自らの仕事への責任って意味で、先生は言ったんだと思う。ちょっとこっ恥ずかしかったけれど、仕事って意識が芽生えた仕事だった。
完成品を出すということではまだまだだけれど、自らの仕事に手を抜かなかったことがなによりの成果だと思う。「常に自己ベスト更新。」 これからも、こんな仕事の姿勢ができたらいい。
[PR]
by neko1dozen | 2006-07-06 23:53 | 模型・デザイン迷子。


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧