<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
暮れ
d0065332_11205234.jpg
年の暮れ、東京5時20分発の普通列車に乗ると、ちょうど根府川あたりから日が昇りだす。




d0065332_11212775.jpg半熟のトロトロ太陽は真鶴でちょうど見ごろを迎え、由比の海ではしっかり固まって黄色く、ぽっかりと浮かんでる。

この風景が好きで、毎年この電車に飛び乗る。ムーンライトながらの回送運行ということで、通常料金で特急車両で静岡までいけるお得な列車。特に暮れは素敵な朝焼け付きで、オススメ。


d0065332_11202887.jpg
今年は富士山も。




d0065332_11193448.jpgおひさしぶり。帰省しました。

[PR]
by neko1dozen | 2006-12-30 17:36
りんどう橋 現況レポート
晴天。遠くには富士山、埼玉から群馬までは左手に見ることができた。静岡の実家に帰るときも、晴れた富士山なんて数えるほどしか見てないから、富士山が一番多く見えるのはもしかしたら長野新幹線かもしれない。


さて、本日。研究室でやってる長野県のりんどう橋。その上部工の施工が始まったというので、教授とともに現地見学に赴いた。(せっかくのネタなので、たまには真剣に記事を書いてみようと思う)
d0065332_353633.jpg


d0065332_355144.jpg

到着時、ちょうど1番目のトラス部材が取り付けれてるとこだった。

d0065332_310439.jpg

すべてのパーツには、製造番号と組み立て番号が刻まれてる。これとマニュアルだけで、簡単に施工できるようにと、プラモデルのように輸入された橋。今回の作業もこれに従う。



d0065332_484998.jpg模型の時の作り方と比べると面白い。メインの上弦と下弦で組んでってのは、実物も模型も変わらない。

d0065332_364845.jpg

模型で見慣れてると、ピンセットでひょいっと持ち上げられそうな気がする。(いや、これが本当に!) けど、れっきとした鉄なんだから、実物は油圧ジャッキで。


d0065332_375673.jpg

こんな田舎の橋だけど、その経緯はすごい。1900年前後にドイツから輸入され、九州の鉄道で使われ、昭和になってからは長野に来て、鉄道橋、道路橋として利用され続けた。その後、千葉で保管され、再度補修がされ、ここに持ってこられた。100歳以上のおじいちゃん?(おばちゃん?)の橋だ。それもピンピンの現役。
僕らと共にやる気になってくれてるコンサルタントは千葉から。現場の職人さんたちは横浜から。なかなかスケールの大きなプロジェクトに驚く。




d0065332_4243675.jpg

 全体40tの鋼材のうち、新しく付け加えたのは600kgほど。ピンも100年前のもの。コンサルの方々が大切に管理・補修して頂いていたと聴く。


d0065332_361151.jpg

d0065332_4253047.jpg


職人さんたちがカッコいい。学校に近くのコンビニで見る、某メトロの作業員とはぜんぜん違う。親方がいて、弟子がいてって、怒号とともに職人オーラを放ってる。小生、気分はすっかりハチクロの竹本君気分だ。


d0065332_3115577.jpg


d0065332_4462122.jpg


d0065332_426397.jpg



現場視察の後、これから設計に入る橋爪広場周辺の打ち合わせに役所に赴く。担当が代わってはじめての打ち合わせということで、これがなかなか壮絶だった。市が設計したというサインについて、先生がツッこんだところで、議論は破綻した。行政がやる気なさ過ぎだった。映像化しておけば、後世になって資料的価値が望めたかもしれない。
先生もかなりオブラートに包んでいたけれど、中のトゲは丸見えな感じで、同席者ながらいたたまれなかった。
地方のお役所回りは、卒論でずいぶんこなしたけれど、ここまでやる気のないところはそうはない。進んだ事例をしてるところは役所も生き生きしてるもので、考え方も健全だった。卒論ではそういうところを選んで回ってたから気づかなかったけれど、実際の現状はもっとひどいんだって、改めて知ることとなった。



ひとまず、先生との結論は、どんなに嫌われてもめげずに、がつがつ攻めてくしかない。ということだった。こんなんで負けてらんない。



d0065332_4123934.jpg

橋のほうは、10日後には本体部分ができあがるそうだ。早い。こんなんになるはず。
帰り際、ふと愛着が沸いてる自分に気がついた。


d0065332_4415648.jpg

先生と2人だけって視察ってシチュエーションもなんとかクリア。ってか、とても楽しかったし、いろいろ教わった1日だった。帰りに温泉も寄ってきた。大満足。また行きたい。
[PR]
by neko1dozen | 2006-12-12 02:51 | 旅・建築迷子。
学会発表について。
なんとか無事終えることができた。
学校から、職場から、他大から、他関係者の皆様から。ご清聴ありがとうございました。


締め切り間際の海外逃亡で、先生に丸投げしてしまった当論文。セルフビルド(自力建設)をテーマにした論文なのに、論文自体はセルフビルドできなかったって、出オチ。まぁ、それでも最後は自分の形にまとめれてよかったと思う。土くさい、地味な論文だったけど、それが逆に新鮮だったのか。素材のよさで、なんとか聴くに耐えうるものに仕上がってくれたと思う。
質疑応答やその後の懇親会でいろいろ意見を頂けたことも、貴重な経験だった。


論文ダイエットのかいあって、体重量ったら50kgを割ってた。最低限死守してたラインだけに
ショックがでかい。
こんなオチは、2度とするまい。
[PR]
by neko1dozen | 2006-12-12 02:35
テツヤツヅキデカラダガカタイ。

d0065332_346154.jpg


京都の友人から小包が送られてきた。3女目が生まれたばかりで、その3姉妹の写真と早めのクリスマスプレゼントが入ってた。あみあみの手袋。物持ちの悪い小生、速攻で無くしそうで、プレッシャー極まるアイテムだけれど。精一杯に感謝。あたたかかったです、ありがとうございました。

なんかもらうばっかで、恩を返すってことが猫の額ほどもできてない。まずは返しておこう。来年は、おくる年にしよう。


そんな忘年の抱負 (BGMは、シェリー/尾崎豊 )
[PR]
by neko1dozen | 2006-12-06 04:00
La boheme@新宿御苑 /So903i


d0065332_0282045.jpgここのクリームパスタに、人はパスタで泣ける生き物なのだと教えられた。


パスタ(+ワイン・パン・スープ・コーヒー)で1000円強がアツい。ランチの後は、御苑の芝生でごろん、なんてね。ご機嫌ぽかぽかコースでいいじゃないですか。

また行きたいので、誰か小生をデートに誘ってください。




+追記

d0065332_338429.jpg最近、携帯を変えた。小生初のFOMAはSO903i(白)

クレジット機能使いながら音楽が聴けて、GPS使いながらメールが打てて、Suica使いながらみんゴルができて。海外に持ってても最新のニュースが画面に流れて。300万画素のカメラに内臓1GBのメモリーって、何だか……最近の携帯はやたら本気だ。デザインについても、インターネットで見るより実物は悪くなかった。画面がやたらデカいけれどバッテリーの持ちもまずまずで、新しい503シリーズの中ではいい線いってると思う。


発売日の翌日、ドコモ勤めの友人がただで機種変更してくれた。これをネ申と呼ばずして、何と呼ぼうか。恩を返せる見込みがまるでないことが残念でならない。



蛇足だけれど、ボタンの数を数えたら38個だった。前の携帯から10個以上も増えてて、両手両足を駆使しても、後18本足りないことになる。もちろん配置もぜんぜん覚えられずにいる。
もし、今の携帯電話の進化に合わせて人間も進化したとしたら、人間はどんな姿になるのか、なんてふと思う。まぁそれは、ふと思うにとどまるのだけれども。
[PR]
by neko1dozen | 2006-12-03 00:40 | 東京・建築迷子。


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧