<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
春の児ノ口公園(愛知県豊田市)
「市外からも、ここの桜を見にくる人がいる―」
ずいぶん前のGSのシンポジウムで、この公園の特集が組まれた。その時に豊田市の方が話された言葉をふと思い出し、見に行くことにした。

d0065332_23215229.jpg
d0065332_23301852.jpg

d0065332_23394927.jpg
桜は五分咲きくらい。来週の週末が見頃になると思う。曇りという天気もあって、桜より、黄色い菜の花がよく映えていた。桜については、多種類の樹木に囲まれ、地形に富み、芝も荒いので、公園の桜というよりは、山の桜の見ているようだった。ベンチに腰掛け、眺める春の風景が美しかった。

d0065332_7515765.jpg路肩に咲く菜の花
d0065332_0142842.jpg公園の境界
(縁は枕木、植栽はカナメモチ)
d0065332_0173338.jpg園路
(脇に素堀の排水溝)
d0065332_0135485.jpgベンチのような石
d0065332_029832.jpg心地よい音を放つ堰
(近くに小広場)
d0065332_2284554.jpgせせらぎ内の小路、
丁寧に修景された橋

d0065332_015126.jpgトイレの貼紙

この公園にやってきたのは2度目だった。1度目は7年前、学部2年の冬で、その時には何を見たらいいのか分からず、とても困った。その頃よりは多少なりとも分かるようになったのか、1つ1つのディテールの意味、理由、すごさがぽっかりと浮かんでくるようだった。また、いい意味で、あいまいで、いい加減で、さりげない、セルフビルドのカケラ達がキラキラしてた。トイレの貼紙一枚にも愛を感じて、いやはや、まぶしかった。

d0065332_1173019.jpg


早朝に公園に訪れ、スケッチと採寸と写真で昼前まで過ごし、そろそろ去ろうかというところ、研究室の後輩のFくんとばったり遭遇した。聞くと、とあるワークショップからの帰りがてら見にきたらしい。すごい確率だと笑い合った。
その確率に驚くというよりは、風景の力はすごいなーとしみじみ思った。最近、ほんとに風景の神様がいるような気がする。いや、真面目な話。
[PR]
by neko1dozen | 2010-03-29 02:05
一箱古本市
お昼を食べようと、ふらふらと会社を出たら、近所の商店街がいつになく賑わっていた。


d0065332_0193764.jpg古本市とは懐かしい。早稲田にいた頃は、よく古本市がたって、その度に通ったのを思い出す(山のような本の中から、ぼろぼろの「風景学入門」を見つけた時の感動は今も忘れない)。

今日の古本市は、個人のお店がならぶフリーマーケットのようなカタチだった。
建築本が充実したお店、全国各地のフリーペーパーを集めたお店、マニアックな料理本を集めたお店…店主の趣味がにじみ出ていた。本を眺める客もその趣味に共感しているようで、なんとも言えない親密な空気が流れていた。
もう一つよかったのは、店主は20~30代の方が多かったこと。赤ちゃんを抱きながら、夫婦でお店を出していたりと、ほほえましい風景だった。この年齢層こそ街にもっと出てきたらと改めて思った。


坂の上の雲全巻(まけてもらい、3000円でget)ほか、全16冊をゲット。
楽しくて、ついつい買いすぎてしまった。



この一箱古本市は、また近日、覚王山の日泰寺参道で第2回が開催されるらしい。
とてもよかったので、また行きたい。




[PR]
by neko1dozen | 2010-03-21 00:51
納品

担当の納品を終えた。

d0065332_23193355.jpg



この半年の成果を打ち出し、並べて、束ねて、持ち上げてみたら、片手がぷるぷる震えた。
あれだけ苦労した修論ですら、この概要版くらいの厚さだった。なんともまぁ、ずいぶん書いたもんだと思う。


仕事を振り返って、
すべての思いをぶつけれなかったけど、手は抜かなかった。
なのか、
手は抜かなかったけど、すべての思いをぶつけることはできなかった。
なのか。


ただ、悔しさと自信を、どちらも都合よく忘れずに、次の仕事に繋げたい。



この成果を納める前に、同業者の仲間が担当したパブコメ資料をネットでみた。難しい内容はわからないけれど、工夫や頑張り所(逆も、もちろんある)、その人らしさを見た気がして面白かった。
そんなこともあり、自分も手を抜けないなという気持ちを感じながら、成果を仕上げた。今回の仕事で最後の一ふんばりができたのは、このおかげかもしれない。人に見られるという意識は、どんな仕様書よりもコワく、そしてエネルギーになると思った。
[PR]
by neko1dozen | 2010-03-21 00:09
3月の越前勝山

油坂峠を越えて、越前勝山を歩いてきた。

d0065332_23454512.jpg白山神社
平泉寺

d0065332_23461196.jpg
d0065332_2350165.jpg
d0065332_23481355.jpgゆめおーれ
勝山
d0065332_23483012.jpg


ひんやりとした冬の余韻を靴底から感じ、それ以外の感覚はすべて春に向かってた。光の差し込み方とか、風のやわらかさとか、冷たい湧水だとか、フキノトウの香りとか、鳥の鳴き声とか。周辺の家々の庭から立ち昇る、焚き火の煙りの匂いがくすぐったかった。懐かしい田舎の匂いだ。

白山神社平泉寺界隈は膝から腰くらいの雪が残っていた。いや、これは完全な想定外で、目当ての苔はほとんど雪の下だった。でも、まぁ、それはそれで夏に来ればいい。


この通り、まともな写真の1枚も撮れなかったけれど、いい1日だった。
今日見たものはすべて、自分の力にしたい。




【今日のドライブソング】
Rum Hee/トクマルシューゴ
イラレで透明度10%の水彩画を重ね合わせたような音楽。春っぽかったからチョイス。
[PR]
by neko1dozen | 2010-03-15 01:09
墓地竣工、サマーウォーズ
寺の僧侶をしてる従兄弟からメールがきた。

新しい墓地が竣工し、後は検査と植栽工と、墓石の引越を待つだけだという。

あぁ、そうか。もうできちゃったか… この墓地の設計に関しては、ほとんどのやりとりは電話とメールで進めていた。現場には正月に行ったっきり(その時はまだ更地)、できたと言われても実感がわかない。
春に墓石の引越をするということだから、手伝い(セルフビルド?)に行こう。設計の成果も後日報告。



さて、この先の季節が待ち遠しくて、若干飛躍して「サマーウォーズ」って映画をDVDで見た。
ストーリーはやや溢れ気味だったけど、絵の描きっぷりがよかった。あと、ヒロインの声が桜庭ななみだったこと、テーマソングが山下達郎だったこと、舞台が長野県上田市(上田電鉄別所線も出てくる!)だってあたりから、星☆☆☆☆。

あと、ヒロインが祖母を亡くすシーンがあって、それが一昨年祖父を亡くした時の家族の雰囲気や、考えていたことがそっくりそのままで、ゾクっとした。偶然にも、従兄弟からのメールが来た日でもあったから。






仕事の方も佳境になってきた。先週あたりに山の稜線にのった感じで、いよいよ今週がピーク。風がびゅんびゅんと強い。しっかり踏ん張って、登りきろう。
[PR]
by neko1dozen | 2010-03-08 00:18


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧