<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
土木学会賞論文賞
僭越ながら頂きました。

d0065332_00474.jpg
d0065332_2340748.jpg
d0065332_23402424.jpg


「人は受け取ったものの対価を支払わなくてはならない。」
最近読んだ小説の一節にそうあった。対価という言葉は、この場合には適切ではないかもしれない。けれど、私は、この賞を私自身のものとして受けとり、そして適切に解釈して、行動しかなくてはいけないと思う。私はこの賞に見合う人間ではないと片付けてしまうことは簡単だけど、それはしたくないから。


18日の会では、しっかりと考えが表明できるよう、精一杯背伸びしてみます。
楽しい会になるよう準備を進めていますので、まだ迷われている方は是非お越しください。



りんどう橋に関わられたみなさま、佐々木研の先輩方と同期の仲間、
18日の会に参加されるみなさまへ―

改めてお礼を申し上げます。受賞させて頂き、本当にありがとうございました。
そして、共におめでとうございます。18日は大いに盛りあがりましょう。
[PR]
by neko1dozen | 2010-05-30 00:00
ワークショップ(初回)@某まち,2010.5.22
まちづくりWSが立ち上がった。その運営を、会社の枠越えて集まった若手技術者の有志と大学の研究室からなるチームで、これから進めていく。

思えば、「地方から、若手から、できることを始めよう。」という決意表明から、およそ1年半。ようやく一歩目を踏み出すことができた。WSは、その展開も着地点もまだ決まっていない。すべてこれから。今は、小さい頃の秘密基地づくりみたいにワクワクしてて、本気で大真面目に、意見をぶつけ合える仲間がいることが何よりうれしい。


ひとまず初回WSは大成功に終わった。
これについては、また改めて。
[PR]
by neko1dozen | 2010-05-23 00:19
瀬戸
焼き物の街、瀬戸を歩いた。

d0065332_2225576.jpg
d0065332_22242493.jpg
d0065332_22155351.jpg
街の中心を流れる川が残念だったけれど、街自体は程よく鄙びて、素っ気のない感じがよかった。常滑のお店はおしゃれな焼き物と招き猫が多かった(気がする)けれど、瀬戸のお店は日用品がボリュームたっぷり並べられていて、掘り出し物を探すのが面白かった。

なんとなく街を歩くのなら、常滑、
お目当ての物があるなら、瀬戸が向いているのかもしれない。


d0065332_22182581.jpg
ずっと欲しくて我慢していた炊飯用土釜を、格安で手に入れた。

ごはんがビンビンに立ちっぱなし!
これが旨い!

[PR]
by neko1dozen | 2010-05-16 22:50
豆を挽く / おと・な・り
ある映画の影響で、朝と晩に豆を挽くようになった。

d0065332_0122183.jpg


ゴリゴリ…ガリッ…ゴリゴリ……
この「ガリッ」の瞬間が好きで、コーヒー豆達の最期のささやかな抵抗を楽しんでる。
市販の粉で済ませてた頃よりも、当然時間はかかってるけれど、
その時間があることで、なんとなく生活全体を丁寧にこなせるようになった。
比較的、部屋を汚しにくくなったことが生活者としてうれしい。


d0065332_072727.jpgおと・な・り
生活の「音」がテーマの映画。
無意識のうちに放っている「音」にも人柄が出る。
思わず、自分の出してる「音」を省みた。
[PR]
by neko1dozen | 2010-05-13 23:52
愛鷹連峰(越前岳)

かつての研究室の仲間3人で、春の山を登った。

d0065332_11262345.jpg
d0065332_11265438.jpg
d0065332_11271355.jpg
d0065332_12431165.jpg
d0065332_11372576.jpg
d0065332_11275934.jpg


「一富士、二鷹、三なすび」。この鷹は、愛鷹連峰を指すという説があるらしい。日本200名山の一座で、昔から一度登ってみたい山だった。今回はその最高峰、越前岳へ。
この山のハイライトは、何たって富士山の眺めで、標高が高くなるほど、富士山がより大きく見えた。見守ってくれているような印象の富士山が、次第に見張られているような怖さすら感じた。まだ、日本一の山のお膝元だからか、鳥達のさえづりが、他の山の鳥よりも上手い気がした。たぶん。
あと、光が透き通った新緑が最高に美しく、ヤマザクラ、アシタカツツジの花もそれなりに美しく咲いてた。山登りは春に限ると、この日はそう思った。


d0065332_1248926.jpg


さて、今回の山は、かつての研究室の仲間3人で登った。道中は終始ご機嫌。登って、歌って、食べて、縮んで、転んで、楽しかった。みんないい具合に一皮むけた。
もう少し転ぶ回数を減らして、アルプスの山々を目指したい。
[PR]
by neko1dozen | 2010-05-11 00:57
これから目指す街
電車で最寄駅にワープして、
そこから、折りたたみ自転車で川沿いを走り、
これから目指す街にたどり着いた。

d0065332_0241260.jpg
d0065332_0255076.jpg

d0065332_0251019.jpg


とりあえず、野良猫が多かった。
それから、素敵な女将さんに出会った。
軒下で涼ませてもらいながら、のんびりと話をさせてもらった。すると、
私がこの街を最後まで守ってくのよ、なんて逞しい言葉を聞くことができた。


これから、この街に何回来ることになるのか、まだ分からない。
それも、結局のところ、どれだけこの街に必要とされるか、ということだろう。
始めるからには、いい仕事を街に残したい。


(関係者のみなさま:面白い街でした。よければ一緒に頑張ってきましょう。)
[PR]
by neko1dozen | 2010-05-06 00:46
ノラネコとクローバー
自慢できる才能なんて、小生は持ち合わせてないけれど、
ノラネコと四葉のクローバーを見つけるセンサーだけは、負けない自信がある。
どちらも気配があって、よく見てみるといる、そんな感じ。

d0065332_2250536.jpg


経験的に、四葉のクローバーは、ちょっと恵まれない場所に多いと思う。日陰だったり、雑草が生い茂っていたり、地面がジメジメしてたり、そんな場所のクローバーの一群を見下ろすと、ひょっこり見つかることが多い。あと、見つけようと頑張っても中々見つからず、ふとした拍子に見つかることが多い。
クローバーは示唆に富んだ雑草だ。


さて、それとはまったく関係ない話。
妹とその彼氏さんが、結婚の御挨拶にやってきた。
ひさしぶりに母と台所に立ち、もてなし料理を作った。それらしく、サクラエビの天ぷらとか、山ちゃんの手羽先なんかをふるまった。天ぷらは揚げが甘く、半生のもんじゃ焼みたいになった(パーフェクトな失敗!)けれど、将来の義理の弟さんは、おいしいと言いながら食べてくださった。ちょっとむせてたけど、いい人なのは間違いないだろう。
1月に海外ウエディングらしい。半年後なんて、まぁあっと言う間だ。
[PR]
by neko1dozen | 2010-05-03 23:59
お祝いカレー

ココイチで、トッピング無制限に挑戦した。

d0065332_2281640.jpg


5分後、なかなか見事な俯瞰景が広がっていた。
本来主役級のシーフードやトンカツの影が薄く、トッピングの緑野菜達が、前へ前へとせり出していた。オクラ、ホウレンソウ、ナス達が、緑被率をぐっと押し上げてる。結果、景観的にはよくなくとも、地球とお腹にやさしいカレーになった。

このカレー、技術士に合格された、会社の先輩のお祝いとして、ご馳走させて頂いた。
こういう遊び心もしっかり見習いながら、たくましく成長していきたい。
[PR]
by neko1dozen | 2010-05-03 22:40


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧