<   2011年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
公園ピクニック
ある記念日、早起きしてサンドイッチをつくり、2年前設計に関わった公園にピクニックにしてきた。

d0065332_012565.jpgd0065332_013425.jpgd0065332_0131567.jpgd0065332_0142643.jpg


公園は整備工事が進められていた。造成はほぼ終わってて、風景も様変わりしていた。あぁ、こんな風になるんだ、とちょっと距離感を感じながら見てしまうのは、2年という月日のせいだけだろうか。

2年前、自分は何を考えていたんだろう。うまく思いだせないけど、すごく苛立ちながら仕事をしてた気がする。ガチガチの河川法とか仕様書だとか、協議の多さだとか、思いを形にできない歯がゆさだとか。とにかく、手当たり次第にイライラしてた。
その頃に比べたら、今はイライラすることも少なくなった。「こなすこと」に慣れたし、諦めるしかなかった理想もあるけれど、人のための場所をつくること、その一点は譲らずに設計をしているつもりだ。ただ、この先、現実的に国内の公園の設計なんてなくなることを思うと、どこまで実直に頑張るべきか、正直悩む。

d0065332_2339793.jpg
サンドイッチは中々うまくできた。特に松の実と人参のサンドイッチはおいしいので、オススメ。

d0065332_2340826.jpg
公園の駐車場にて。
[PR]
by neko1dozen | 2011-09-26 00:39
友ヶ島と砲台群(近代土木遺産)
小生が行ってみたい日本の島、
ベスト3のうちの1つ、友ヶ島に行ってきた。


d0065332_21365986.jpg
d0065332_2234451.jpg
d0065332_2156716.jpg
d0065332_2265311.jpg
d0065332_2203822.jpg
d0065332_22294476.jpg
d0065332_22413075.jpg
d0065332_21583529.jpg
d0065332_22501234.jpg
d0065332_2314424.jpg
d0065332_2310480.jpg



赤、黄、黒、緑、白、金…煉瓦の色の豊かさに驚いた。特に写真6枚目のトンネル。キラキラと薄緑色に輝く煉瓦の内壁を覗くと、すうーっと誘い込まれるような心地がした。
日本の煉瓦は赤一色であると、昔何かの本で読んだことがある。生真面目な明治の人は理に適わない煉瓦のムラを許さず、目地の美しさで煉瓦積の美しさを競ったという。日本人らしい発想だ。
一方、この島の煉瓦は豊富な色をしていた。地方の軍用施設ということで、色に対する美意識の及ぶ所でなかったのかもしれない。ただ、それが今になって、鮮やかで美しい表情を生んでいるんだから不思議だ。そして、自然と同化しながらも、重々しさ、緊張感を堅持していることにも驚いた。

その他の島の風景d0065332_22455551.jpg

d0065332_2224346.jpg
d0065332_21553010.jpg
d0065332_2151092.jpg
d0065332_22181718.jpg
d0065332_2222898.jpg
d0065332_2232339.jpg


友が島は無人島で砲台群の他に見所は少ない。けれど、日本のどこかに美しい煉瓦色の島がひっそりと浮かんでいる、そう思えることは中々素敵なことだと思った。
[PR]
by neko1dozen | 2011-09-21 00:14


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧