タグ:土木 ( 120 ) タグの人気記事
living bridge
コンセプト模型がようやくできあがり。テンションが無駄に高い、研究室泊り込みの朝です。
d0065332_22381099.jpg今回は、グループ課題。地形や建物はみんなでつくりました。

d0065332_22215559.jpg
写真右手の神楽坂は、かなり急な坂。橋は、その坂の勾配を受けて、ゆるやかな曲線を描きます。上部を車道、下部を歩行者。車道の下が、橋上広場になって、人が時間を過ごす事ができる、つまりLiving Bridgeというわけです。また、橋からさらに階段が下に伸びて歩行者は堀の水面に近づくことができます。

d0065332_22225088.jpg
構造は、車道をアーチ+桁構造で支え、歩道を吊り構造で支えます。難しい構造だけど、まとまりのある形におさめました。
さて、提案は3時間後。はたして、評価は?研究室のアルコールくささは抜けるのか??
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-23 22:38 | 模型・デザイン迷子。
Living bridge
はい、次は橋。ようやく、ベンチとの戦いが終わったと思ったら…
Living bridge。直訳して「住める橋」、人が住む(とどまる)ための橋です。 
d0065332_12572072.jpg
日本にはないけれど、ヨーロッパにはいくつかあって、こちらはイタリア、ヴェネチアのリアルト橋。

d0065332_12574493.jpg
こっちは、フィレンツェの橋。ただ、住めるってだけではなく、その上には店が展開して、行きかう人々でにぎわう。今は、観光客を相手にする宝飾店が軒を連ねている

洪水の多い日本では、こんな橋はありえないけど、橋詰(橋の両端の部分)では、昔から広場が展開して、人がにぎわう空間でした。やっぱり、世界のどこでも橋って魅力ある空間として親しまれてきたみたいです。
今回のLiving bridgeの設計課題。場所の選定から、作る橋のかたち、コンセプト、まで自由!うれしい悲鳴なのか… また、眠れない日々が続きそうです。。
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-20 13:08 | 模型・デザイン迷子。
ベンチをめぐる冒険(下の下)
d0065332_2252352.jpg結果からいえば、コンセプト、デザイン、プレゼンテーション、それぞれ70点、90点、80点ってことでした。

d0065332_2255141.jpgん~、どうなんだろ。よく言われ続けたのが、「形から入っている」っていうこと。まず、どんな空間にしたいのか(例えば、みんなが集まるための空間だとか、休むための空間だとか) というよりも先に、どんな形にしたいのか(全体のデザインはこうで、ここには噴水をつくるだとか)を考えがちな癖がある。そういわれました。確かに、その通りで。。

それは、きっと僕が建築への憧れが強いからかもと思いました。デザインの自由度の高くて、コンセプトはもともと与えられている建築は、純粋にデザインに近いところにあるから。一方で、ランドスケープは、コンセプトにこそ、空間を決める重要な意味がある。ムズカシイ…でも、まぁデザインが90点ってのは次の自信につながるのかな。
次の?、そう、また新しい課題が待っているのです。。
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-18 22:02 | 模型・デザイン迷子。
イサム・ノグチ
いきなりだけど、去年の夏に北海道を旅して、そのとき札幌市郊外のモエレ沼公園ってとこにいきました。こんなん→
d0065332_17361185.jpg
まずは、公園??と思うかもしれません。スケールがでかすぎで、一周するのに軽く1時間はかかる広さ。もともとあったゴミの埋立地を公園として生まれ変わらせようとしたもので、それをイサムノグチという彫刻家が担当しました。

d0065332_17371833.jpg
プレイマウンテンと呼ばれる彫刻?みんなそろって、この坂を自転車で駆け上る。頑張ったけど、1/3で断念(見た目よりキツい) 去年、これより高いもう一つの彫刻(というより山)と噴水が完成し、着工より17年でようやく完全オープンになりました。
彫刻といえば、石を削って…って思ってしまうけれど、この彫刻家は大地を彫刻しようとしました。スケールのでかさに乾杯!公園内には、ビーチやガラスのピラミッドや、一風変わった遊具など、デザインがところせましと。



建築・インテリア界の偉人を気軽なノリで紹介する「CASA BRUTAS EXTRA ISSUE」シリーズ。そのイサムノグチがでました。価格も1200という学生価格。彫刻・インテリア・エクステリア作品から偉人のプライベートまで紹介。買いです。
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-13 17:58
ベンチをめぐる冒険(下)
中間模型のプレゼンテーション、先生に言われた一言「いや~、うまいね。でも私は誤魔化されないよ。」
もちろん、ほめ言葉じゃなく。。もったえぶらずに言えば、東の芝生の部分をカットした模型にしたことを指摘されたのです。正直、考えたくなかった部分だけあって、、さすが先生、痛いところをついてきます。ってことで、再提出。一から作り直しになりました(泣)
d0065332_17215844.jpg
一週間、考えてでた答えが、この形。コンセプトは「風景」前回で、風景もベンチも道もできた。じゃあ後何がないんだろう?ってことで浮かんだのが「風景」だったわけです。そして、模型。

d0065332_17243495.jpg
こんなん。噴水や新しい並木をつくり、芝生のベンチをうまく合わせてつくる。さらに、風景をきりとる装置としての建築物。。もう、やり残したこともない。。今度こそ!(さらに続)
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-12 17:28 | 模型・デザイン迷子。
ベンチをめぐる冒険(中)
さて、前回の提出の結果は…(意外にも)よかったです。特にpublicとprivateを分けた点が評価されました。やったね!一方で、おまけに作ったベンチがイマイチな評価(がんばったんだけどな…)さらに、模型の人の顔がない!って妙なツッコミを受けることに。確かになんで顔作らなかったんだろ… 
マジメな評価としては、「四角い一つのベンチの自己完結性が強すぎる」というところでした。つまり、「一つでまとまりすぎているから、いくつもあったら、どうなんだろうな…」 「確かに!!」って、ことで周辺デザインを考えることに… 

d0065332_1294349.jpg
現状の図面。キャンパス西側(左部分)が樹木、東側(右部分)が芝生でした。はっきりいってつまらない。しかも、結構ベンチが邪魔!なので、これを勝手に改造。

d0065332_1312099.jpg
こんな感じに。っていってもわからないので、模型。

d0065332_1401741.jpg
すべてのベンチを新しいベンチにするのではなく、うち3個だけ配置することでバランスをもたせました。それと、おまけのベンチも改良して4つだけ投入。あとは2本の歩道(軸)をいれたこと。この歩道をどう置くかで丸5日悩んだ(笑)でも、これで広場へ人を入れる道筋をつけることができました。
さて、苦しみぬいたこの模型。。評価はいかに…(続)
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-11 01:41 | 模型・デザイン迷子。
ベンチをめぐる冒険(上)
この前の模型、どんな評価を受けたのか、一応書かないと。
今日はまずは中間案から。
d0065332_175480.jpg
そもそも、この課題はベンチのデザインだった!今あるベンチが普通の公園にあるようなベンチでつまらない。ってことで、この場所に似合うベンチを作ろう!そんな課題だったのです。。(それがいつの間にかどんどんスケールが大きくなってって…)

d0065332_1821100.jpg
そこで考えたのが、前回紹介したブロック状のベンチ。お互い向き合ってしゃべれる空間(public space)と、一人か少人数での時間を過ごすための空間(private space)を一つのブロックにまとめました。あと、自然の中に人を入れたかった。休みながらふと見ると、自分が自然の中にいる、そんなベンチにしたかったのです。「おっしゃ!完璧」と思って、提出。さて、その評価は…(次回へ続く)

d0065332_114329.jpg
おまけにこんなベンチも提案。座ってもよし、寝てもよしみたいなの。座ってる人の姿勢をあえて崩させることで、リラックスできる空間を演出させようってベンチ。これは、おまけ(その割りに、模型はこっちの方が大変だった(笑))
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-10 01:17 | 模型・デザイン迷子。
こんなんになりました。
d0065332_20522017.jpg味気ない今の学校のキャンパスを、リメイク。グリット(四角い形)状のブロックが、いくつも並ぶ、少し味気ないキャンパスを、匠の技で生まれ変わらせます。
d0065332_20384695.jpg
まずは全体。こんな感じ。キャンパスの3つの入り口にむかう動線を2本新たにひき、その交差する部分を広場の中心にしました。今のグリット状のデザインを踏襲しながら、周りに新たにデザインしたベンチを配置。

d0065332_2041249.jpg
5000人以上の学生・教員がいる理工学部。容量を確保しなきゃいけないけど、一方でこのキャンパスには風景がない。ってことで、キャンパス北東(緑の部分)に、風景をつくりました。

d0065332_22153172.jpg
中央に置かれた建築はその先に見える風景をきりとる装置。黒い帯の部分は噴水をもった通路。噴水は、季節や時間によって変化する風景を演出しました。



d0065332_2220610.jpg
1ブロックのベンチ。1~2人のプライベートな利用と、多人数で人と人とが向かい合うようなパブリックな空間利用を共存させました。幾何学的で彫刻的なデザインに匠の技がひかります。

d0065332_2113124.jpg
ここまで偉そうに説明してきました。他にもいろいろあるんだけど… とりあえず、寝ます。。疲れたわ、ほんと。
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-08 21:15 | 模型・デザイン迷子。
朝まで生模型(2)
d0065332_623519.jpg
例の模型がまもなく完成!ここまで1ヶ月半、かけがえのない健康と、20代の貴重なスローライフを犠牲にしながらがんばってきました。今回はどうやら報われたらしく、割りに気に入ったデザインにたどり着くことができました。あとは、いかにコンセプトをプレゼンしていくか。3時間20分後の決戦に備えて、、 まだまだがんばります。


d0065332_6372666.jpg
蛇足でモデュロール人形君(と、水上時計塔)
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-08 06:37 | 模型・デザイン迷子。
朝まで生模型。
d0065332_3554718.jpg
提出前夜、ちょっと一息。
予定になかった追加課題によって、部屋は今年一番の荒れを記録。ぼかし無しだと写真にもできません。
さて、間に合うのかな。。できあがった作品は近日UPします。
[PR]
by neko1dozen | 2005-06-07 03:54 | 模型・デザイン迷子。


街と山と猫と        おいしいごはん
by neko1dozen
フォトログ
タグ
(145)
(120)
(106)
(82)
(81)
(49)
(49)
(40)
(33)
(29)
(29)
(23)
(22)
(22)
(6)
以前の記事
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
more...
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧